Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
108
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@KenichiSekine

IBM Bluemixフリートライアルアカウント作成手順

More than 3 years have passed since last update.

Bluemixのアカウント作成手順まとめ

トライアルアカウントは2017/10に終了し、無料で期間の制限なく利用可能なライト・アカウントに切り替わりました。アカウント作成手順はこちらをご参照ください。
(update : 2017/11/01)

1. WebブラウザでBluemixのポータルにアクセスします

https://bluemix.net で 「フリーアカウントの作成」をクリック

2017-03-03_11h13_08.png

2. 必要事項を入力します

Bluemixアカウントの作成画面でメールアドレス、名前、パスワードなどアカウント開設に必要事項を入力します。これによりIBM IDの登録とBluemixアカウントの作成が同時に行われます。

必要事項を入力し「アカウントの作成」をクリック

2017-02-09_16h37_26.png

なお、IBM IDとはIBM Webサイトの各種サービスを利用するためのアカウントで、メールアドレス=IBM IDとなります。
既にIBM IDとして設定されているメールアドレスを指定した場合、名前などは登録済みなので、入力に必要な項目が最小限でBluemixアカウントを作成できます。

3. メールが届くのでアカウントのactivationを行います

指定したアドレスに「Action required: Confirm your Bluemix account」というタイトルのメールが届きます。

本文中のリンク「Confirm account」をクリック
2017-03-01_20h33_08.png

※発信元はno-reply@bluemix.netです。アドレス指定受信などメールの受信制限をされている方は事前に設定をしておきましょう。

「成功しました!」のメッセージが表示されればアカウント登録完了です。
「ログイン」をクリックします。
2017-03-01_20h34_50.png

4. Bluemixにログインします

IBM IDを利用したシングルサインオンのログイン画面が表示されます。ユーザーID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインします。
2017-03-01_20h39_28.png

ログインできましたね。
これでアカウントの作成は完了です :grinning:

5. 初回ログイン時の作業

5-1.ご利用条件への同意

初めてBluemixにログインするとTerms and conditions、ご利用条件への同意確認があります。リンク先の文章を一読の上、よろしければチェックボックスに同意のチェックを入れてContinueをクリックします。

2017-03-01_20h42_26.png


5-2.組織の作成

続いて組織を作成します。組織とはアプリやサービスなどのリソースを共有するチームやプロジェクトだと説明があります。多くの場合、個人のアカウントのことだと考えた方が分かりやすいです。

2017-03-01_20h54_52.png

以前はBluemixアカウントを作成するとデフォルトで「組織」が作成されていましたが、現在は自分で組織を作るように仕様が変更されています。そのため、この画面で組織名と作業したい地域(データセンター)を指定します。

※Bluemixは2017年5月現在、米国南部と英国とシドニーとドイツの4箇所の地域で稼動しており、一つのアカウントでどのデータセンターも利用可能です。どこを選択しても同じBluemixですが、用意されているサービスの種類に少し差異があります。とりあえず機能を試してみるということであれば、もっともサービスが充実している米国南部がお薦めです。使用する地域はいつでも変更できます。


5-3.スペースの作成

地域に対して少なくとも一つの「スペース」が必要です。スペースとは、アプリケーションをグルーピングするフォルダのような存在です。スペースごとにアクセス権を設定することが出来るので、個人作業用、チーム開発用、テスト用、本番用などと使い分けることができます。
以前はdevという名前でデフォルトのスペースが用意されていましたが、これも作成されなくなりましたのでこの画面で定義します。

2017-03-01_21h07_18.png

※ユーザーから見た場合、「組織」-「地域」-「スペース」-「アプリケーションやサービス」という階層構造だと考えると分かりやすいかと思います。


5-4.サマリー

組織とスペースを作成すれば準備完了です!
「準備ができました」をクリック。

2017-03-01_21h09_25.png


Bluemixのアプリケーション・ダッシュボード画面が表示されました。

2017-03-01_21h15_50.png

以上でBluemixを使う準備は完了です。
イノベーションのためのプラットフォーム、Bluemixの世界を堪能してください:exclamation:

108
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
KenichiSekine
Bluemixユーザー会「BMXUG」の関根です。 このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、必ずしも私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
108
Help us understand the problem. What is going on with this article?