Edited at

Wio LTE IFTTT通信編(mineo au SIM)

More than 1 year has passed since last update.


Wio LTE IFTTT通信編(mineo au SIM))

前回の記事の続きです。

前々回の記事の続きです。

今回はデータ通信で、IFTTTに送信するサンプルを動かしてみました。


環境(2017/10/28)

MacBook 12(2017)

MacOS High Sierra(10.13)

Arduino IDE 1.8.5

Wio LTE Library v1.0.1

Wio LTE Japan Version (SORACOM CONSOLE経由で購入) v1.0

mineo au MVNO 1 SIM(VoLTE専用)

mineo au 6 SIM(黒SIM)


結論

前回の記事で黒SIMを受信できないとレポートしましたが、データ通信も、数分で切れてしまうようですなので、実質,黒SIMでは、Wio LTEは利用できないことが判明しました。


黒SIMでの動作

最初のリクエストは成功したけど、2回目以降は回線が切断されているので、エラーになっています。


VoLTE専用SIMでの動作

こちらは、回線が切断されることなく、リクエストが送信出来ています。


検証コード


検証プログラム


test.ino

#include <WioLTEforArduino.h>

#include <stdio.h>

#define APN "mineo.jp"
#define USERNAME "mineo@k-opti.com"
#define PASSWORD "mineo"

#define WEBHOOK_EVENTNAME "wiolte_uptime"
#define WEBHOOK_KEY "秘密"
#define WEBHOOK_URL "https://maker.ifttt.com/trigger/"WEBHOOK_EVENTNAME"/with/key/"WEBHOOK_KEY

#define INTERVAL (60000)

WioLTE Wio;

void setup() {
delay(200);

SerialUSB.println("");
SerialUSB.println("--- START ---------------------------------------------------");

SerialUSB.println("### I/O Initialize.");
Wio.Init();

SerialUSB.println("### Power supply ON.");
Wio.PowerSupplyLTE(true);
delay(5000);

SerialUSB.println("### Turn on or reset.");
if (!Wio.TurnOnOrReset()) {
SerialUSB.println("### ERROR! ###");
return;
}

SerialUSB.println("### Connect the \""APN"\".");
delay(5000);
if (!Wio.Activate(APN, USERNAME, PASSWORD)) {
SerialUSB.println("### ERROR! ###");
return;
}
}

void loop() {
char data[100];
int status;

SerialUSB.println("### Post.");
sprintf(data, "{\"value1\":\"uptime %lu\"}", millis() / 1000);
SerialUSB.print("Post:");
SerialUSB.print(data);
SerialUSB.println("");
if (!Wio.HttpPost(WEBHOOK_URL, data, &status)) {
SerialUSB.println("### ERROR! ###");
goto err;
}
SerialUSB.print("Status:");
SerialUSB.println(status);

err:
SerialUSB.println("### Wait.");
delay(INTERVAL);
}


以上、ご参考までに