Edited at

Wio LTEで、mineo au SIMで使ってみる。

More than 1 year has passed since last update.


Wio LTE Japan Version で、mineo au SIMで使ってみる。


環境(2017/10/27)

MacBook 12(2017)

MacOS High Sierra(10.13)

Arduino IDE 1.8.5

Wio LTE Library v1.0.1

Wio LTE Japan Version (SORACOM CONSOLE経由で購入) v1.0

mineo au MVNO 1 SIM(VoLTE専用)

mineo au 6 SIM(黒SIM)


SIMの抜き方

SIMの差し方は公式HP に載っていますが、抜き方が説明されていないので!

写真のように、引き出すことができます。

IMG_6831.jpg


開発環境インストール(MacOSXの場合)

(1)Arduino IDE 1.8.5を立ち上げる

(2)Wio Tracker LTEボードの追加

(3)Wio LTEライブラリの追加

(4)libusbのインストール

(5)Wio LTEをBOOTボタン押しながらUSB接続もしくは、USB繋いでから、BOOTボタン押しながら、RSTボタンを押すでもOK(書き込みモード)

Arduino IDEで、書き込み際は、ポート番号を指定しなくて良い。

BOOTモードでは、見えない。

プログラム実行時には、USBシリアルポートとして見える仕組み


検証プログラム


test.ino

#include <WioLTEforArduino.h>

#include <limits.h>

WioLTE Wio;

void setup() {
// put your setup code here, to run once:
delay(200);

SerialUSB.println("");
SerialUSB.println("--- START ---------------------------------------------------");

SerialUSB.println("### I/O Initialize.");
Wio.Init();

SerialUSB.println("### Power supply ON.");
Wio.PowerSupplyLTE(true);
delay(5000);

SerialUSB.println("### Turn on or reset.");
if (!Wio.TurnOnOrReset()) {
SerialUSB.println("### ERROR! ###");
return;
}
delay(3000);

if(Wio.Activate("mineo.jp", "mineo@k-opti.com", "mineo") == true)
{
SerialUSB.println("Activate is True");
}
else
{
SerialUSB.println("Activate is False");
}

}

void loop() {
char num[20];
// put your main code here, to run repeatedly:
SerialUSB.println("...");

if(Wio.IsBusy() == false) {
if(Wio.GetPhoneNumber(num,sizeof(num)) > 0) {
SerialUSB.println(num);
}
}

int rssi = Wio.GetReceivedSignalStrength();
if (rssi == INT_MIN) {
SerialUSB.println("### ERROR! ###");
goto err;
}

SerialUSB.print("RSSI:");
SerialUSB.print(rssi);
SerialUSB.println("");

err:
delay(5000);
}



実行してみた


黒SIM(090-....)

171027-0009.png


VoLTE SIM(070-....)

171027-0007.png