Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Kanahiro

ラスタータイルのつくりかた(2021年版)

TL;DR

  • GDAL v3.1でgdal2tiles.pyに--xyzオプションが追加されたので、これを使えばよろしい。以下コマンド例。
# source.tif -> target_dir の変換コマンド
# ズームレベル3-18で、XYZタイル形式で、4スレッドで並行処理するという意味
gdal2tiles.py source.tif target_dir -z3-18 --xyz --processes=4
  • 元データは予め投影法をEPSG:3857にしておきましょう
  • そうしなくても処理は出来ますが、事前に再投影しておいた方が圧倒的にタイル生成が速いです

詳細

冒頭が結論です。以下には色々調べた結果のつらみが色々書いてあります

つらみ①:gdal2tiles.pyは、xyzオプションを付与しないとTMS形式のタイルが生成される

これが最大の罠で、現状、ネットを色々調べてもなかなかこれがわかりにくかった。TMS形式は、いわゆるXYZタイルとは南北が逆なので、日本国内のタイル作ってるのにオーストラリアにタイルが生成されてたりした。何やっても変な位置にタイルが作られるので半泣きだったが、ちゃんとドキュメントを読めば、デフォルトはTMSと書いてある。

つらみ②:xyzオプションはGDAL3.1以降にしか存在しない

GDAL3.1は2020/1リリースです。比較的最近のリリースであり、つまりこれまではXYZタイル形式での変換はGDALでは出来なかったという事…(でもラスタータイル 生成みたいに調べるとgdal2tiles.pyの情報が多数出てくる罠)。

https://github.com/gsi-cyberjapan/gdal2xyztiles.py
ちなみに過去に国土地理院さんがgdal2tiles.pyを拡張したスクリプトを公開していたよう

つらみ③:QGIS3.16にはGDAL3.1は搭載されていない

2020-03-03: ①macOSのQGIS3.16でバージョン情報みたら3.1.2となっていました②Windows 64bitのQGIS3.18でバージョン情報見たら3.1.4になっていましたので、QGIS内蔵のGDAL自体のバージョンは問題なさそうです

QGISのプロセッシングツール経由なら、コマンド叩かなくてもGDALを操作出来るので普段は便利に使っているのですが、現状最新版のQGISにはGDAL3.1は搭載されていません。つまりQGISのGDALではXYZタイルを作る事はできない(プロセッシングツールにXYZタイルを生成するツールがあります)。

つらみ④:GDALの環境構築

Windows

OSGEO4Wで入れるのが一番よいと思ってましたが、なんかgdal2tiles.pyをちゃんと使用できる状態でインストール出来なかった。

公式に沿ってcondaでインストールも試みたけどダメ。

こちらTwitterにて情報提供を頂いているところなので追って調査します

Linux

apt-get gdal-binで入れましたが、これはバージョンが2.4.2になってNG(ソースからビルドしろ、とかは無しで><)。

macOS

pip install --upgrade gdalでなんとかなった。

(Linuxでもpipで入れればよかったのかも?Windowsはこのコマンドも通らなかった、いずれも深く検証はしていない)

終わりに

このつらみを味わうのが私で最後になることを祈念しつつこの記事を捧げます

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Kanahiro
GISを中心に勉強中、いろいろ作っています。
MIERUNE
位置情報の技術情報や豆知識をMIERUNEがお届けします!。位置に関する可視化や解析に関するご相談がございましたらwebまでぜひご連絡ください!

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?