Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

@Kanahiro

QGISで地理院ベクトルタイルをダウンロードするプラグインを作成しました

GSI-VTDownloader

sample.gif
※画像は開発中のものです

本プラグインについて

QGIS3.14でネイティブ対応予定となっているなど普及期にあるベクタータイルですが、日本で最も価値あるデータのひとつである国土地理院の「地理院地図」も地理院地図Vector(仮称)提供実験としてベクタータイルが利用可能となっています。
以前紹介したVectorTilesReaderでもベクタータイルを読み込む事はできますが、シンプルなUIで簡単にベクターデータを取得出来るように地理院タイル専用のプラグイン「GSI-VTDownloader」を作成しました。

動作環境

  • QGIS3.10で開発
  • macOS、Windowsいずれでも動作します

プラグインのインストール

まだQGIS公式リポジトリに登載されていないので、上記GitHubリポジトリからzipファイルをダウンロードして手動インストールしてください。

使い方

メインウィンドウを開く

メニューバー->Web->GSI-VTDownloaderで開く

img01.png
img02.png

対象レイヤーの選択

表示したいSouce-layerとZoomlevelをプルダウンメニューから選択する。

img03.png

処理を実行

「矩形範囲で実行」か「表示領域で実行」のいずれかを選べます。

矩形範囲で実行

ボタンを押下するとラバーバンドモードに切り替わるので、地図上をドラッグして領域を指定してください。

表示領域で実行

ボタンを押下するとダウンロード処理が開始します。
表示領域に一部分でも含まれるタイルデータをすべてダウンロードします。

img04.png

データのダウンロード・変換が完了次第、マップにベクターレイヤーが追加されます。

注意点

  • 対象エリアが広範囲になるほど、または、高ズームレベルになるほど、当然ながら必要なタイル数・データ量が多くなりダウンロードにも多くの時間がかかります
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
15
Help us understand the problem. What are the problem?