Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Laravel】laravel new のあとにやること

環境

  • macOS
  • PHP7.4
  • Laravel7.x
  • SQLite3

やること

新しくアプリケーションを作成する時、laravel new [アプリ名]を実行した後にすることをまとめました
あくまで筆者の場合なので、参考程度に読んでみてください

  • git周辺
  • アプリ名、タイムゾーン、言語の設定
  • データベースの設定
  • メールの設定
  • Auth機能の導入
  • 日本語化

git周辺

はじめに、BitbucketやGitHubのリポジトリを作っておきます
以下のコマンドを実行して、リポジトリの初期化、BitbucketやGitHubへの接続を行います
ちなみに筆者は執筆現在Bitbucketを使っています

# LaravelAppディレクトリに移動
% git init
% git add -A
% git commit -m "Initialize repository"
% git remote add origin [BitbucketやGitHubのリポジトリ名]
% git push -u origin master

アプリ名、タイムゾーン、言語の設定

  • .envファイルのAPP_NAME
  • config/app.phpのname、timezone、local

を設定します

.env
APP_NAME=アプリ名
config/app.php
'name' => env('APP_NAME', 'アプリ名'),
...
'timezone' => 'Asia/Tokyo',
...
'locale' => 'ja',

データベースの設定

今回はSQLiteを使います

  • databaseフォルダにdatabase.sqliteを作成
  • config/database.phpのdefaultを設定
  • .envファイルのDB_変数を設定
% touch database/database.sqlite
config/database.php
'default' => env('DB_CONNECTION', 'sqlite'),
.env
DB_CONNECTION=sqlite

.envにデフォルトで設定されている他のDB_変数は削除します

メールの設定

今回はGメールを使うので、あらかじめGメール側でアプリパスワード(16桁)を生成しておきます
アプリパスワードは基本メモを取ったり他人と共有しませんが、環境変数に設定するので覚えておきましょう

  • config/mail.phpのdefault
  • .envファイルのMAIL_変数

を設定します

config/mail.php
'default' => env('MAIL_MAILER', 'smtp'),
env
MAIL_MAILER=smtp
MAIL_HOST=smtp.gmail.com
MAIL_PORT=587
MAIL_USERNAME=Gmailアドレス
MAIL_PASSWORD=アプリパスワード(16桁)
MAIL_ENCRYPTION=tls
MAIL_FROM_ADDRESS=Gmailアドレス
MAIL_FROM_NAME="${APP_NAME}"

Auth機能の導入

以下のコマンドを実行します
※Laravel5以下はコマンドが異なります

// laravel/uiをインストール
% composer require laravel/ui

// Auth関連ファイル(基本的なスキャフォールド)を生成
% php artisan ui vue --auth

// フロントエンドに必要なパッケージをインストール&必要なファイルをコンパイル・ビルド
% npm install && npm run dev

日本語化

Auth機能を導入したときに自動生成されるファイルがあります
フォームやバリデーションやメールで日本語で表示されるように変更します
日本語化は以下のURLのブログを見たほうがいいです(丸投げ)

https://blog.capilano-fw.com/?p=289#i-3

おわり

現在ポートフォリオ作成中で同時に記録として記事を書いていこうと思います

KagYeah
Webプログラミング初心者
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした