Edited at

node.jsを複数バージョン切り替えられるようにインストール(Mac:nodebrew Windows:nodist)

More than 1 year has passed since last update.


前提・問題意識


  • 作業対象のプロジェクトによってnode.jsのバージョンも切り替えたい


    • プロジェクトによって稼働しているnode.jsのバージョンが異なる

    • ローカルPCの開発環境では仮想環境を使っていない




Mac編


  • node.jsのバージョン管理にはnodebrewを利用する


nodebrewをインストール


Command(bash)

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup



実行ログはこんな感じで出ればOK

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 0
0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- 0:00:01 --:--:-- 0
100 20027 100 20027 0 0 11995 0 0:00:01 0:00:01 --:--:-- 11995
fetching nodebrew...
install nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================
$


PATHを加えといてね、と言われているので書き込んでおく


  • bashなら~/.bash_profile

  • zshなら~/.zsh_profile


~/.bash_profileとかに1行追記

...

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
...

profileを読み直して現行ターミナルにもPATHを通しておく


Command(bash)

$ source ~/.bash_profile


nodebrewの動作確認


Command(bash)

$ nodebrew help



  • ズラズラとコマンドリストが出てくればOK。


インストールできるバージョンを確認

$ nodebrew ls-remote



  • バージョンのリストがズラズラ出てくる。


    • 特にターゲットのバージョンがなければ、Node.js公式blogを見てStableの最新版を選んどく。




node.jsのインストール


Command(bash)

$ nodebrew install-binary v0.10.32



こんなログでればOK

$ nodebrew install-binary v0.10.32

fetch: http://nodejs.org/dist/v0.10.32/node-v0.10.32-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Install successful
$

インストールしたnode.jsを確認


Command(bash)

$ nodebrew ls



実行例

$ nodebrew ls

v0.10.32

current: none
$




  • currentに、現在利用中のnode.jsバージョンが表示される

  • 使用のnode.jsをまだ指定してないのでcurrent: noneとなってる


利用node.jsバージョンを指定する


Command(bash)

$ nodebrew use v0.10.32



実行例

$ nodebrew use v0.10.32

use v0.10.32
$

利用中のnode.js確認


Command(bash)

$ node -v



実行例

$ node -v

v0.10.32
$


インストール後のメンテナンス


インストール済みverのリスト+利用中verの確認

$ nodebrew ls

v0.10.32
v0.11.14

current: v0.10.32



利用バージョンの切り替え

$ nodebrew use v0.11.14



特定バージョンの追加インストール

$ nodebrew install v0.11.14  # 特定バージョン指定

$ nodebrew install latest # 最新
$ nodebrew install stable # 安定版最新
$ nodebrew install v0.10.x # マイナーバージョン最新


特定バージョンのアンインストール

$ nodebrew uninstall v0.11.14



nodebrew自体のUpdate

$ nodebrew selfupdate



Windows編


  • node.jsのバージョン管理にはnodistを利用

  • 管理者権限でインストールしておく


Git for Windowsのインストールと設定


Git Bashを管理権限で実行できるようにしておく



  1. Git Bashのショートカットを右クリックで『プロパティ』を開く

  2. 「ショートカット」タブの「詳細設定…」ボタンで『詳細プロパティ』を開く

  3. 「管理者として実行」にチェックを入れておく


nodistのインストール

C:¥Program Files¥nodistにインストール


Command(GitBash)

$ cd "/c/Program Files"

$ git clone git://github.com/marcelklehr/nodist.git

環境変数の設定

変数名

Path
C:¥Program Files¥nodist¥bin

NODIST_PREFIX
C:¥Program Files¥nodist


  • 環境変数を読み直すように、コマンドプロンプトは新たに開いておく

nodistの稼働確認


Command(GitBash)

$ nodist -v



node.jsのインストール(nodistの初期セットアップ)


Commnad(GitBash)

$ nodist selfupdate



  • 自動的にnode.jsのStableの最新バージョンがインストールされる

  • そのほか、依存解決や何やらをいろいろやってくれる…ぽい。


    • npmでいろいろダウンロードしてくる。



インストールされているnode.jsバージョン群と、利用中バージョンの確認


Commnad(GitBash)

$ nodist



実行例

$ nodist

> 0.10.32 (global)

node.jsの稼働確認


Commnad(GitBash)

$ node -v



インストール後のメンテナンス


インストール済みverのリスト+利用中verの確認

$ nodist



利用バージョンの切り替え

$ nodist 0.11.14        # グローバル

$ nodist local 0.11.4 # ディレクトリ配下で指定
$ nodist env v0.11.4 # ターミナル単位で切り替え


特定バージョンの追加インストール

$ nodebrew + v0.11.14  # 特定バージョン指定



特定バージョンのアンインストール

$ nodist - v0.11.14



nodist自体のUpdate

$ nodist selfupdate



Reference