Help us understand the problem. What is going on with this article?

LIFFと相性がいいのはFlex Message?それともTemplate Message?

LINE botといえばLIFFというLINE botと連携するWebアプリを作りたいときにとても便利なフレームワークです。このLIFFはLINE Developersで設定した独自のURLからアクセスして使うものですが、URLをそのまま使う方法もありますが、例えばbotのやり取りで取得した値をLIFFのリンクの中にパラメータとして付与して動作したいときがあります(つまり、LIFF_URL?value=hogeという形)。botのやり取りの中で動的に生成するときには、リンクのテキストをそのまま返信するよりもLINE botを使ってるならFlexMessageを使ってボタンを押したらリンクにアクセスして、LIFFを立ち上げるなんてことをやってみたいわけですよ。ところが実際にやってみるとハマってしまったので、その覚書です。

FlexMessageを使ってみた

FlexMessageでボタンの実装はやったことありませんでしたが、こちらのシミュレータを使って簡単に作成出来ました。実際に動かしたところがこちらです。

こちらは冒頭で話していたパラメータを付与していないパターンの動作ですが、問題なく動いています。そして、今度は同じFlexMessageでボタンで立ち上げるURLにパラメータを付与すると以下の画面が表示されます。

IMG_6988.png

あれ?LINEアプリの方はすでに最新バージョンになっているのに、これはどういうことでしょう?パラメータを付与するURLはFlex Messageに対応していないのでしょうか?知っている方いらっしゃったら教えて下さい。

色々調べてみたら

やはりFlex Messageにパラメータを付与したURLを使っている事例は見つからず、仕方ないので他の方法を探してみました。すると、Template Messageが見つかりました。Flex Messageとよく似ていますが、こっちは予め決められたテンプレートに対してカスタムを行うメッセージです。こちらにもボタンの中に埋め込んだURLを実行するアクションを入れてみました。先程失敗したパラメータを付与したLIFF URLをこのテンプレートメッセージを入れて再度試してみたら、問題なくLIFFが立ち上がりました。

IMG_6989.png

この動作の違いは一体…

Flex MessageとTemplate Messageではアクションの違いがあることが分かりました。これは中で動作しているプログラムに違いでもあるのでしょうか?とりあえず、現時点での結論としては 「LIFF URLをそのまま立ち上げるだけならどちらでもいいが、パラメータを付与したLIFF URLを立ち上げるときにはTemplate Messageのほうが良い」となりました
※この内容については、補足記事を書いたのでそちらをご覧ください。

K_M95
IBM Champion 2020 / LINE API Expert 2020
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした