Help us understand the problem. What is going on with this article?

[bundler: command not found: unicorn_rails Install missing gem executables with `bundle install]AWSのEC2サーバ上でRailsに追加したgemfileが反映されない時の解決例

<エラー文>
スクリーンショット 2020-01-21 7.03.08.png

このエラーの原因で考えられること

local環境でしかgemfileが反映されていないことが考えられます。
具体的には下記のことにより起こっていると考えられます。

1.rbenvのrehashし忘れ
2.bundlerの入れ忘れ
3.githubへの反映し忘れ(commitとpushのし忘れ)

解決方法

1.rbenvのrehashし忘れ

rbenv(rubyの環境構築)について更新をすれば解決します
EC2サーバー上で下記のコマンドを入力してください

[ec2-user@ip-xxx-xx-xx-xxx chat-space$ gem install bundler -v 2.0.2]$rbenv rehash

2.bundlerの入れ忘れ

EC2サーバー上にbundlerをインストールし、再度bundle installすることで解決します
バンドラーのバージョンはご自分のプロジェクトファイルのものと合わせるためローカルサーバー上でバージョンを調べたのち、EC2サーバー上で下記のコマンドを入力してください

Neverland:chat-space kontatomoya$ bundler -v
#プロジェクトのローカルディレクトリで bundler -v でbundleのバージョンを調べられます(筆者の場合は"Bundler version 2.0.2"が帰ってきたのでver2.0.2で以下を進めています)

[ec2-user@ip-xxx-xx-xx-xxx chat-space]$ gem install bundler -v 2.0.2
[ec2-user@ip-xxx-xx-xx-xxx chat-space$ gem install bundler -v 2.0.2]$ bundle install
#bundlerをインストールし、bundle installしてます

3.GitHubへの反映し忘れ(commitとpushのし忘れ)

EC2サーバーにプロジェクトを保存するには、GitHub上のデータを受け取りコピーという流れとなるため、GitHub上のデータに反映した後のデータをgit cloneしないとEC2サーバー上でも反映されません。そのため下記の手順に従って最新ファイルを反映させましょう。

①GitHub Desktopでcommitとpushし、GitHub上のデータに反映させましょう。

やり方はここでは説明しませんが簡単です。わからない人は下記などでやり方を確認してみましょう。(公式の使用方法解説ページにリンクしてます。)

https://help.github.com/ja/desktop/getting-started-with-github-desktop/creating-your-first-repository-using-github-desktop

②EC2サーバーのファイルに反映させましょう
今はEC2のプロジェクトが更新されていない状態なので、pullコマンドで更新を行いましょう

[ec2-user@ip-xxx-xx-xx-xxx chat-space$ gem install bundler -v 2.0.2]$ git pull origin master
#EC2は表示だけが必要となるため反映させるのはmasterとしましょう

③bundle installを行う
このプロジェクトのダウンロードができただけで、インストールはできていないので最後に忘れずbundle installしましょう

[ec2-user@ip-xxx-xx-xx-xxx chat-space$ gem install bundler -v 2.0.2]$ bundle install

これでこのエラーは解消されます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした