Help us understand the problem. What is going on with this article?

【超級初心者のための】ブループリントのイベントや関数などの内容【Unreal Engine 4】

ブループリント画面での操作方法についてはこちら
バージョンは4.20.3(一部日本語と英語が混ざっているがあくまで画面に合わせています)
※独自解釈でまとめているため誤りなどがある場合がありまぁす!

イベント(赤色)

キャプチャ.PNG

AnyDamage

何らかのダメージを受けたときに呼ばれるイベント
Damage:受けたダメージ量
Damage Type:???
Instigated By:???
Damage Causer:???

BeginPlay

ゲームが始まった時のイベント(実行回数は1回のみ)
ショートカット:Pキー&マウス左クリック

Tick

毎フレーム呼ばれるイベント(何回も呼び出される)
Delta Seconds:???

関数(青色)

キャプチャ2.PNG

Delay

遅延時間後に実行する
Duration:遅延時間の長さ(秒)
ショートカット:Dキー&マウス左クリック

DestroyActor

対象オブジェクトを削除する
ターゲット:削除対象

Print String

一定時間、画面に文字を描画する(描画後、一定時間後に消滅する)
In String:描画したい文字列

Set Timer by Function Name

一定時間後(ループの場合は毎)に関数を実行する
Object:???
Function Name:関数名(string)
Time:実行までの時間(秒)
Looping:ループするかどうか

関数(緑色)

キャプチャ4.PNG

GetWorldLocation

オブジェクトのワールド座標を取得する

Get Scaled Box Extent

Boxのサイズを取得する

Random Point in Bounding Box

指定したBox内の座標をランダムに返す
Origin:オブジェクトの座標(GetWorldLocationで取得した座標など)
Box Extent:オブジェクトのサイズ(Get Scaled Box Extentで取得したサイズなど)

その他(黒色)

キャプチャ3.PNG

ブランチ

分岐処理(Conditionの結果がTrueかFalseかで分岐させる。要はif文)
ショートカット:Bキー&マウス左クリック

DoOnce

処理の実行回数を1回だけにする(当たり判定など重複してしまう場合などに使用する)
Reset:リセットするタイミング(オブジェクトが離れたときなど)
Start Closed:???

Sequence

並行処理(同じタイミングで実行する)
Then 0:1つ目に行いたい処理
Then 1:2つ目に行いたい処理
Then n:nつ目に行いたい処理

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away