api
RESTful

RESTの基本

  1. HTTPメソッドを使用する。
  2. ステートレスにする。
  3. 見やすいURI(※1)にする。(ディレクトリー構造に似ている。)
  4. データの転送にXMLまたはJSONを使用する。

HTTPメソッドについて

CRUD(create、read、update、delete)とHTTPメソッドが1対1に対応づけられている。  

  • リソースを取得するためにGETを使用する。(read)
  • リソースを作成するためにPOSTを使用する。(create)
  • リソースを更新するためにPUTを使用する。(update)
  • リソースを削除するためにdeleteを使用する。(delete)

ステートレスについて

Webサービスを拡張性のあるものにするため、完全かつ独立したリクエストを送信する必要がある。そうすることで仲介サーバなどはローカルで情報を保持しなくてもよくなる。

見やすいURI

ディレクトリー構造に似たURIを定義する。

http://www.test.com/user/{id}

データの転送について  

転送方法にはXMLまたはJSON形式を使用する。

リソース表現は、クライアントが要求した時点でのリソースの状態と属性を表す。XMLやJSONで転送することで、様々なプラットホームが使用できる。