Help us understand the problem. What is going on with this article?

Claris ConnectでOutlookを利用するための接続方法

はじめに

Claris ConnectはApp同士を連携させ、データのやり取りを行うことができるサービスです。
画面でAppを選択して処理を登録していけば、データをやり取りするフローの構成が行えます。

利用するAppは有効なアカウントで接続確認を行う必要があります。
接続確認方法はAppによってそれぞれ異なり、Claris Connectの指示に沿って設定をしていく必要があります。
AppによってはSlackのように構成用サイトへのリンクがあったり、手順が詳しく書かれているものもあります。
別記事「Claris ConnectでSlackを利用するための接続方法」

しかしOutlookの場合、説明書きがシンプルすぎて戸惑いそうな印象を受けました。
そこで今回はOutlookの接続確認方法について紹介します。

Office365のアカウントは作成済みを前提として、手順は
1.Outlookのトリガとなる動作を決めて
2.Office365アカウントにログインして
3.Outlookで自分宛てにメールを送る
という流れです。

Outlookの接続手順

※以下の画面キャプチャはClaris Connectの実際の画面をchromeの翻訳機能で日本語訳したものです。

(1)トリガとなる動作を選択する

 App一覧からOutlookを選択するとどの動作をトリガとするかを決める必要があります。
 ここは任意のものにチェックを入れてください。
 今回は新着メールを受信した場合にチェックを入れます。
1.png

(2)Office365アカウントと連携する

 お使いのOffice365のアカウントのログインIDとパスワードを入力します。
 連携が成功すると次に進む青いボタンが押せるようになります。
2.png

(3)接続確認

 ここでアカウントの接続確認を行います。3.png↓翻訳前の文章
4.png
 シンプルな説明文なので一瞬戸惑いますが、Outlookのメールアドレスで自分宛にメールを送信する必要があります。
Outlook.PNG
このように、Outlookから自分宛に空メールを送信します。
接続確認が無事に終わると青いボタンが押せるようになり、完了です!
5.png

これで、データをやりとりするフローが作成できるようになります。
例えば、(1)で設定した"Outlook新着メールを受信した場合"をトリガとすると、「Outlookでメールを受信したら、FileMakerにレコードを作成する!」ということができます。

JuppoWorks
FileMakeの高いユーザ ビリティとコストパフォーマンスに着目し、FileMakeを核にITソリューションを多数開発。小・中規模から大規模システムまで、高度な基幹系連携システムやWeb DBソリューションなど、多彩な ダウンサイジング・ソリューションを提供し続けている会社です。
https://www.juppo.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした