Help us understand the problem. What is going on with this article?

Claris ConnectでSlackを利用するための接続方法

はじめに

Claris ConnectはApp同士を連携させ、データのやり取りを行うことができるサービスです。
画面でAppを選択して処理を登録していけば、データをやり取りするフローの構成が行えます。
例えばFileMakerにデータが作成されたらSlackに通知を飛ばす!といったことが実現できます。
APIを使ってコードを書くことと比べると、短時間かつ直感的にできるので、プログラミングの専門的な知識がなくてもソリューションが作成できるのが特徴です。

利用するAppは有効なアカウントで接続確認を行う必要があります。
接続確認方法はAppによってそれぞれ異なり、Claris Connectの指示に沿って設定をしていく必要があります。
今回はSlackでの接続確認方法を記載します。

Slackのアカウントは作成済みを前提として、手順は
1.SlackのApp構成用サイトに移動して
2.Outgoing Webhookというアプリを追加して
3.URLの欄にClaris Connectが発行したURLを貼り付けて保存する
という流れです。
1.png
この画像はClaris Connectの実際の画面キャプチャです。
水色で伏せている箇所のURLをコピーしておきます。

(1)SlackのApp構成用サイトに移動する

Slackで「Outgoing Webhook」アプリを追加するにあたり、SlackのApp構成用サイトに移動します。
Claris Connectに「Slack apps configuration section」のリンクが貼られていますが、ここをクリックしても「Outgoing Webhook」のページに直接移動しないことがあります1
その場合は移動先のページの検索バーで「Outgoing Webhook」と入力して検索して、ページに移動してください。
3.png

(2)Outgoing Webhookを追加する

 お使いのSlackのアカウントにOutgoing Webhookを追加します。
 緑の「Outgoing Webhookインテグレーションの追加」ボタンをクリックします。
4.png

(3)URLの欄にURLを入力する。

 ページが移動したら真ん中ぐらいまでスクロールするとURLという入力項目があります。
 ここに先ほどコピーしておいたClaris Connectで発行されたURLをペーストします。
5.png

入力したら一番下までスクロールして、「設定を保存する」という緑のボタンをクリックしてください。

(4)Claris Connectで確認する

6.png
 接続が成功すると「Connection complete.」という文字が表示され、青い「Save Trigger」ボタンがクリックできるようになります。
 このボタンをクリックして接続の完了です!


  1. 筆者の場合はリンクをクリックすると「Incoming Webhook」のページに移動しました。名前が似ていてアイコンがそっくりなのでご注意を。 

JuppoWorks
FileMakeの高いユーザ ビリティとコストパフォーマンスに着目し、FileMakeを核にITソリューションを多数開発。小・中規模から大規模システムまで、高度な基幹系連携システムやWeb DBソリューションなど、多彩な ダウンサイジング・ソリューションを提供し続けている会社です。
https://www.juppo.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした