Boygroupを使ってみよう!(第二回オフ会内容②)

  • 3
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回に続きまして、
オフ会の内容②です!
Boygrouping!!
ずーっと気になってたんだけど、
なんだかよくわからなかったノード。
試してみたい!っていうメッセージをもらってたので、オフ会でやってみました。
オフ会レポは以下。
http://qiita.com/yhy_jp/items/29102ebea94fba729b16

Boygroupとは

Serverサイド(1台ないし、複数台)から、各種クライアントにリアルタイムにパッチ内のデータを送ることができる。

boy1.JPG

使い方イメージは、公式サイトのような感じ。
一説によると、アイドルが一緒に踊っているような感じを、プログラマーメンズもアイドルのように踊る!みたい感じだった気が…w

注意点

・2台以上のPCとネットワーク環境が必要(ローカルネットワークでも可能)
・送ることのできるデータのサイズは決まっている。
主に、Value、Color、Stringのデータを送ることができる。
Rendererは送ることができるが、Textureは送ることができない

Boygroup接続

今回は、server、client1台ずつを想定し、説明します。
(clientのIPv4アドレスを、192.168.1.1、ServerのIPv4アドレスを、192.168.1.2、で実施している画像を載せているので、どっちかわからなくなったら参考にしてください。)

①同一ネットワーク上に接続する

インターネットなどで使用しているWi-Fiルーターや
ローカルなネットワークに接続します。

②同一ネットワーク上の接続かを確認する

コマンドプロンプトを起動し、「ipconfig」と入力
色々なIPアドレスが表示されると思いますが、
デフォルトゲートウェイの値が2台のPCが同じか確認してください。
2台ともIP調べてくださいねー!
以下のような感じでいっぱい表示されると思います。
boy2.JPG

③Server、ClientのIPアドレスをメモ

同一のデフォルトゲートウェイのIPv4アドレスをメモしてください!
両方使いますからねー!

④Serverの設定

サーバーで用いるPCの方を
CommandlineParameterでSERVERでたちあげる!
その後、Boygroup(VVVV Server)ノードを開き、
左上インレットにClient PCのIPv4アドレスを入力
Connectしたかどうかわかるように、左下アウトレットにToggleとかつけてみてもいいかもしれません。
3番目のインレットBroadcastModeはTCPがよいかと。

boy_s.JPG

⑤Clientの設定

Client側のPCは、
CommandlineParameterで、
Server PCのIPv4アドレスを入力し、起動。
...vvv.exe /client [ServerのIPv4アドレス]のような感じです。

boy3.JPG

⑥接続の確認

接続ができていれば、以下のような動きをするはずです。
・ServerのアウトレットConnectedが1になってる
・client側に自動でパッチ作成のウィンドウが立ち上がる
・Serverのウィンドウをドラッグすると、clientのウィンドが動く

Boygroupノードの使い方

青いノードを作ろう

青いノードは、ServerからClientに送ることができるノードです。
サーバーサイドのノードを選択し、
Control + B で青くなるはず。
青くなったらClient側にも青いノードが出現する!

boy4.JPG

Serverでつくったパッチから、clientのパッチを動かそう

パッチ全部を送ってもいいし、
必要な部分だけ青くしてもOK!
いろいろ試してみましょう。以下、参考Vineのリンクです。
https://vine.co/v/OgOwtQiXxFr

おわりに

オフ会では、たくまさんがサーバーPCで色々遊んで、
Client側にリアルタイムパッチングを公開してました。

Boygroupは、一台のサーバーPCから離れた複数のClient PCを制御するのにはかなり使えそうなイメージですが、
相互通信はTCP、UDPあたりの方がよさそうな感じでした。

何画面かを同時制御するときとか、
オフ会の基礎講座のプロジェクターない時とかに使えるかなーとか、
思ってます。
使いどころが意外と難しい感じですが、
他にも面白いアイディアあったら教えてくださいー!

Twitter:Junky_Inc

この投稿は VVVV Advent Calendar 201422日目の記事です。