39
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

July Tech Festa 2018スライドまとめ

July Tech Festa 2018の発表資料

とりあえずまとまっていないっぽいのでまとめました。
順番に意図はありません。Twitterのハッシュタグで追いかけて手動クローリングをしたので資料がアップロードされていても本ページに存在しない可能性があります。見つけられた方がいらっしゃいましたらお声かけいただければと思います。また、間違っている可能性もございますのでそれについてもコメントにでも書いていただければいいなと思います。

7/31追記

tweetdeckじゃない方の公式クライアントで手動クロールしたらいくつか見つかりました。あと連絡いただいた分も追加してます。

資料一覧

Singularity と NVIDIA GPU Cloud で作る ハイブリッド機械学習環境の構築
https://speakerdeck.com/pottava/building-a-hybrid-environment-for-machine-learning-with-singularity-and-ngc-1

200万ドメインを超えるレンタルサーバのコンテンツキャッシュ機能の裏側
https://speakerdeck.com/takumakume/2-million-more-than-the-domain-the-back-of-the-rental-server-content-cache

開発環境をクラウドへ
https://speakerdeck.com/cognitom/jtf2018

僕の考えた最GoのCI環境
https://speakerdeck.com/habuka036/pu-falsekao-etazui-gofalsecihuan-jing

最高のITエンジニアリングを支える守りと攻めの「設計技術」と「SRE」
https://speakerdeck.com/katsuhisa91/zui-gao-falseitenziniaringuwozhi-erushou-ritogong-mefalse-she-ji-ji-shu-to-sre

オンラインコミュニティをフル活用!インフラ勉強会に世界各地から参加しよう
https://www.slideshare.net/tkamidouzono/july-tech-festa-2018-f22

WebUSBによって広がる、NFCを取り扱う世界
https://docs.google.com/presentation/d/1s6knagTHokYs7t9unBCmg35fkxjBWh5NS-EuHYIpiiE/edit#slide=id.p

副業で収益化を目指す
https://speakerdeck.com/yasuhito/fu-ye-deshou-yi-hua-womu-zhi-su

AWS Management Toolsの使いどころ
https://www.slideshare.net/yktko/20180729-jtf2018-aws-management-tools?platform=hootsuite

イゼルローン要塞攻略に学ぶ、エンジニアの戦略思考
https://www.slideshare.net/irix_jp/the-strategy-from-the-iserlohn-fortress-at-jtf2018

自律的運用に向けた第一歩
https://www.slideshare.net/ikedai/jtf2018

運用におけるシェルの役割とそのあり方を考える
https://speakerdeck.com/pyama86/yun-yong-niokerusierufalseyi-ge-tosofalsearifang-wokao-eru

Preferred Networksの機械学習クラスタを支える技術
https://www.slideshare.net/pfi/tech-inmlcluster20180729-julytechfesta2018

強いインフラが組織を創る
https://speakerdeck.com/koudaiii/number-jtf2018

分散システム、本当に「正しく」開発できますか?
https://speakerdeck.com/ytaka23/july-tech-festa-2018

freee のマイクロサービスを K8s + Go で組む! 短期プロジェクト成功の記録
https://speakerdeck.com/manabusakai/microservices-using-k8s-and-go

以下7/31追記

FIWARE x ロボット x IoT 〜 ロボットと人が共生する社会へ 〜
https://www.slideshare.net/nbykmatsui/jtf2018-fiware-x-robot-x-iot

ネットワーク自動テストの実適用
https://speakerdeck.com/corestate55/jtf2018

GuardDutyを使ったサイバー攻撃の検出と分析
https://speakerdeck.com/ken5scal/guarddutywoshi-tutasaihagong-ji-falsejian-chu-tofen-xi

Cloud Nativeな俺のCI/CD環境 〜 GitLab x Rancher で夢見るイケてる世界 〜
https://speakerdeck.com/tsukaman/cdhuan-jing-gitlab-x-rancher-demeng-jian-ruiketerushi-jie

ミランティスが1万台のサーバーを監視・運用するためにInfrastructure as Codeを利用している話
https://docs.google.com/presentation/d/1S049J92RUTaRJXrE95jWs01IS2SLeIxxWIp2IYBxjuI/edit#slide=id.g1c0965a282_0_0

ビッグデータと機械学習の狭間で -データエンジニアに求められる役割-
https://speakerdeck.com/onunu/bitugudetatoji-jie-xue-xi-falsexia-jian-de-detaenzinianiqiu-merareruyi-ge

サーバーやNW機器の構成・設定管理に困ってませんか? 簡単に最新状況が把握できるインベントリ収集ツールの紹介
https://www.slideshare.net/sfunai/180729-jtf-openaudit

ゼロから分かるKubernetes Nativeなアプリケーションの作り方: Operator Frameworkの概要とデモを交えた適用例
https://www.slideshare.net/nobusue/jtf2018b30k8soperatornobusue

AWS × 形式手法で人知を超えたセキュリティを手に入れろ
https://speakerdeck.com/ytaka23/jaws-days-2018

Ansible with「AWX」 の世界へようこそ
https://www.slideshare.net/h-saito/ansible-with-awx-107869206

成長し続けるインフラストラクチャとメルカリの挑戦
https://speakerdeck.com/kazeburo/mercari-infrastructure-and-software

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
39
Help us understand the problem. What are the problem?