itamae

itamae help 日本語訳

itamae help 実行時に表示されるヘルプコメントの日本語訳。

itamae help

使用法

itamae help [COMMAND]

使用可能なコマンドの一覧を表示する。
または引数に指定したコマンドの説明を表示する。

itamae version

使用法

itamae version

バージョンを表示する。

itamae init

使用法

itamae init NAME

新しいプロジェクトを生成する。

itamae generate

使用法

itamae generate [cookbook|role] [NAME]

ロールまたはクックブックを初期化する。
(ショートカットエイリアス: itamae -g )

itamae destroy

使用法

itamae destroy [cookbook|role] [NAME]

ロールまたはクックブックを元に戻す。
(ショートカットエイリアス: itamae -d )

itamae local

itamae を自端末において実行する。

使用法

itamae local RECIPE [RECIPE...]
             [--recipe-graph=PATH]

             -j, [--node-json=NODE_JSON]
             -y, [--node-yaml=NODE_YAML]
             -n, [--dry-run], [--no-dry-run]

             [--shell=SHELL]
             [--login-shell], [--no-login-shell]

             [--ohai], [--no-ohai]

             [--profile=PATH]

             [--detailed-exitcode], [--no-detailed-exitcode]

             -l, [--log-level=LOG_LEVEL]

             [--color], [--no-color]

             -c, [--config=CONFIG]

オプション

--recipe-graph=PATH

[実験的機能] レシピの依存情報を DOT へ出力する。

--shell=SHELL

既定値: /bin/sh

--ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--no-ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--profile=PATH

[実験的機能] プロファイルデータを保存する。

--detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行が成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

--no-detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行が成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

-l, --log-level=LOG_LEVEL

既定値: info

--color

既定値: true

--no-color

既定値: false

itamae docker

Docker イメージを生成する。

使用法

itamae docker RECIPE [RECIPE...]
              [--recipe-graph=PATH]

              -j, [--node-json=NODE_JSON]
              -y, [--node-yaml=NODE_YAML]
              -n, [--dry-run], [--no-dry-run]

              [--shell=SHELL]
              [--login-shell], [--no-login-shell]

              [--ohai], [--no-ohai]

              [--profile=PATH]

              [--detailed-exitcode], [--no-detailed-exitcode]

              -l, [--log-level=LOG_LEVEL]

              [--color], [--no-color]

              -c, [--config=CONFIG]

              [--image=IMAGE]
              [--container=CONTAINER]
              [--tls-verify-peer], [--no-tls-verify-peer]
              [--tag=TAG]

オプション

--recipe-graph=PATH

[実験的機能] レシピの依存情報を DOT へ出力する。

--shell=SHELL

既定値: /bin/sh

--ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--no-ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--profile=PATH

[実験的機能] プロファイルデータを保存する。

--detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行に成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

--no-detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行に成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

-l, --log-level=LOG_LEVEL

既定値: info

--color

既定値: true

--no-color

既定値: false

--image=IMAGE

本オプションまたは itamae docker --container オプションは
必須となる。

--container=CONTAINER

本オプションまたは itamae docker --image オプションは必須となる。

--tls-verify-peer

既定値: true

--no-tls-verify-peer

既定値: false

itamae ssh

itamae を ssh を介して実行する。

使用法

itamae ssh RECIPE [RECIPE...]
           [--recipe-graph=PATH]

           -j, [--node-json=NODE_JSON]
           -y, [--node-yaml=NODE_YAML]
           -n, [--dry-run], [--no-dry-run]

           [--shell=SHELL]
           [--login-shell], [--no-login-shell]

           [--ohai], [--no-ohai]

           [--profile=PATH]

           [--detailed-exitcode], [--no-detailed-exitcode]

           -l, [--log-level=LOG_LEVEL]

           [--color], [--no-color]

           -c, [--config=CONFIG]
           -h, [--host=HOST]
           -u, [--user=USER]
           -i, [--key=KEY]
           -p, [--port=N]

           [--ssh-config=SSH_CONFIG]

           [--vagrant], [--no-vagrant]

           [--ask-password], [--no-ask-password]

           [--sudo], [--no-sudo]

オプション

--recipe-graph=PATH

[実験的機能] レシピの依存情報を DOT へ出力する。

--shell=SHELL

既定値: /bin/sh

--ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--no-ohai

本オプションは廃止され、使用不可となる予定。

--profile=PATH

[実験的機能] プロファイルデータを保存する。

--detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行に成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

--no-detailed-exitcode

  • 終了コード 0 - 変更も失敗もなく実行に成功したことを表す。

  • 終了コード 1 - 実行に失敗したことを表す。

  • 終了コード 2 - リソースが変更され、実行に成功したことを表す。

-l, --log-level=LOG_LEVEL

既定値: info

--color

既定値: true

--no-color

既定値: false

--sudo

既定値: true

--no-sudo

既定値: false