Edited at

最新のRをUbuntuにインストール


背景

UbuntuのデフォルトのパッケージのRは古いので、

最新のR(3.6)が使えるように環境構築する。


パッケージ管理システムの設定

lsb_release -csでUbuntuのコードネームを確認。Ubuntu 16.04の場合はxenial、18.04の場合はbionic


ternimal

$ lsb_release -cs

bionic

このコードネームを使って、ダウンロード元のミラーサイトを/etc/apt/sources.listの末尾に追加します。ここではRStudioのミラーサイトを使います。


terminal:RStudioのミラーサイトを使う場合

echo -e "\n## For R package"  | sudo tee -a /etc/apt/sources.list

echo "deb https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu $(lsb_release -cs)-cran35/" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list

上のコマンドを実行すると以下のような文字列が/etc/apt/sources.listの末尾に追加されているはずです。


/etc/apt/sources.listの末尾


## For R package
deb https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/

次にダウンロード元の公開鍵を取得して、aptに登録します。


terminal

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

#上記コマンドがプロキシやファイアウォールの設定などでうまく動かない場合は次の行を実行
gpg --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

gpg -a --export E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9 | sudo apt-key add -



Rのインストールとアップデート

最後にaptでRをインストールします。


terminal

sudo apt update

sudo apt install r-base


参考

http://qiita.com/wonder_zone/items/c0cb4033c2a599b3d662

http://askubuntu.com/questions/197564/how-do-i-add-a-line-to-my-etc-apt-sources-list

http://qiita.com/yh_cake/items/68dfc688243be09ab22b

https://refspecs.linuxbase.org/LSB_3.0.0/LSB-PDA/LSB-PDA/lsbrelease.html

https://cran.r-project.org/bin/linux/ubuntu/README.html

https://blog.rstudio.org/2013/06/10/rstudio-cran-mirror/