ストレージ,

RAID5の仕組み

RAID 5は、耐障害性の向上と高速化、大容量化のすべてを実現できるRAID技術である。

raid5.gif

RAID 5の動作原理
RAID 5は、エラーを修復するためのパリティ・データをデータ・ブロックの組ごとに生成し、分散して記録する。たとえ1台のディスクが壊れても、残りのディスクに格納されたデータとパリティから、失われたデータを復活させることができる。データを配分するときの単位サイズは、ブロック(セクタ)単位である。
また、どれか1台のディスクが故障しても、それ以外のディスクのデータとパリティ情報から、元の完全なデータを生成して回復できる。ただし、回復可能なのは1台のディスクが故障したときまでであり、同時に2台以上が壊れると回復は不可能になる。