Edited at

【Drupal】Drushコマンドをインストールする

More than 1 year has passed since last update.

Drupalを運用する上でdrushコマンドはなくてはならないものです。

もしまだセットアップしていなればdrushコマンドをインストールしておきましょう。

インストールの手段はいくつか用意されています。

Drupalのバージョンや環境に合わせて任意のインストール手段を実施してください。


検証環境


  • Macbook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)

  • Mac OS X 10.11.6 El Capitan

  • PHPStorm 2017.3

  • VirtualBox 5.2.6

  • Vagrant 2.0.2

  • CentOS 7.4.1708

  • PHP 7.1.14

  • Drupal8.4.4


Comporserでインストールする(D8.4+)

Drupal 8は、モジュールやテーマなどの各種ライブラリ群はComporserでのインストールが推奨されています。

一応、Drushコマンドに関してはGitPEARを使ってインストールをすることも出来ますが、とくに最新バージョンのDrush 9は、Comporserによるインストールのみがサポートされています。

そのため、最新環境を作りたければ必然的にComporserを使ったインストール方法を選択することになります。


Comporser本体をインストールする

もしまだComporser自体をインストールしていなければ先に入れましょう。

$ cd /tmp

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer
$ composer --version

(Drupal 8.4.xは、Drush 8.1.12以降のバージョンが必須になっています)


Comporserの環境設定を確認する

$ composer global config --list

Comporserでdrushコマンドをインストールする際にunzipが必要になるため、併せてインストールしておきます。

$ sudo yum install -y zip unzip


drushをインストールする

composerの環境が整ったら、次はdrushコマンドをインストールします。

$ composer global require drush/drush:dev-master

$ export PATH="$PATH:$HOME/.config/composer/vendor/bin"
$ echo 'export PATH="$PATH:$HOME/.config/composer/vendor/bin"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc
$ drush --version
Drush Commandline Tool 9.2-dev-dev

drushコマンドをグローバルインストールすると、通常はカレントユーザーのホームディレクトリ配下にインストールされます。

~/.config/composer/vendor/bin/drush

composerが参照しているリポジトリによって、Drush 9.x または、Drush 8.x のどちらかがインストールされているはずです。


drushコマンドを任意のパスにインストールする

drushコマンドなどのcomposerパッケージをホームディレクトリ以外にインストールしたい場合は、configコマンドであらかじめパスを設定した上でインストールを実施すればOKです。

$ composer global config vendor-dir '/var/lib/vendor'

$ composer global config bin-dir '/usr/local/bin'
$ cat ~/.config/composer/composer.json
$ sudo /usr/local/bin/composer global require drush/drush:dev-master

以上により、/usr/local/bin配下にdrushコマンドがインストールされます。


drushコマンドをアンインストールする

もし、composerでインストールしたdrushコマンドを削除したい場合は、以下手順を実施してください。

方法01)removeコマンドを実行する

$ composer global remove drush/drush


方法02)composer.jsonから行削除してアップデートする

composer.jsonファイルからdrushの行をコメントアウトしてからアップデートすることで削除することもできます。

$ vim ~/.config/composer/composer.json

{

"require": {
# "drush/drush": "dev-master"
}

}

$ composer global update


Gitでインストールする(D7、D8)

git cloneコマンドを使えば、お手軽に最新版をインストールできます。

$ cd /opt

$ git clone https://github.com/drush-ops/drush.git
$ cd drush
$ composer install
$ ln -s /opt/drush/drush /usr/sbin/drush
$ drush --version


公式サイトから実行ファイルを取得してインストールする(D6、D7)

2018/03/19現在、http://files.drush.org/drush.pharからファイルが削除されているようです。

代替方法としてcomposer、またはgit cloneを使ったインストール方法を選択ください。

(以下コマンドは現在利用不可)

$ cd

$ wget http://files.drush.org/drush.phar
$ php drush.phar core-status
$ chmod +x drush.phar
$ mv drush.phar /usr/sbin/drush
$ drush init
$ drush --version


PEARでインストールする(D6、D7)

まずPEARを入れます。

$ sudo yum install php-pear

そしたらDrushコマンドをインストールします。

$ pear channel-discover pear.drush.org

$ pear install drush/drush
$ drush --version

以上です。

念のため、drush --versionを実行してインストールされたdrushコマンドのバーションを表示して、自分が使っているDrupalバージョンに対応しているかどうか確認しましょう。

Drush docsの対応表にて確認できます。

Drupal Compatibility - Drush docs