Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Translate、AWS Lambda を使った自動翻訳(前編)

はじめに

今回も AWS 公式ブログから、気になる記事を見つけてきたのでご紹介します。

ビジネスや個人向けに、デジタルなテキストドキュメントをコピー&ペーストして、希望の言語に翻訳できるツールが複数存在します。(分量に限度があり)
しかし頻繁に行うとなれば、退屈で時間だけがかかる作業になります。

そこで、2 つのソリューションについて解説していきます。

1. 収集したドキュメントに、非同期のバッチ翻訳を行うシンプルな翻訳
2. AWS Lambda と Amazon のリアルタイム翻訳を使い、ドキュメントを入手する度に同期的に翻訳を行う、より進んだ手法

Amazon Translateとは

  • 現実的な価格で、迅速かつ高品質な翻訳を実現する、ニューラル機械翻訳サービス
  • ニューラル機械翻訳、深層学習モデルを応用した、自動翻訳の一形態
  • 従来の統計学や規則をベースにした翻訳アルゴリズムと比べて、正確かつ自然
  • 多様なコンテンツに適格に対応。異なるユースケースやドメイン間での、多様な文章を使ってトレーニングされている
  • 大量に集積したテキストや HTML ドキュメントの翻訳に使える、非同期のバッチ翻訳機能
  • 1 回の API 呼び出しのみで、ドキュメント一式を言語翻訳できる

非同期バッチ翻訳を使うことで、ドキュメントやチュートリアル素材、あるいはブログなどを、日ごとに希望の言語に翻訳することが可能です。
バッチ翻訳ジョブの進行状況をモニタリングしたり、指定した出力フォルダーから翻訳結果を取得することもできます。

同期バッチ翻訳を使うシンプルなアプローチ

Amazon Translate のバッチ翻訳を試すために、 3 つのテキストファイルを使用します。

#テキストファイル1
Amazon Translate is a neural machine translation service that delivers fast, high-quality, and affordable language translation.

#テキストファイル2
Neural machine translation is a form of language translation automation that uses deep learning models to deliver more accurate and more natural sounding translation than traditional statistical and rule-based translation algorithms.

#テキストファイル3
`Amazon Translate allows you to localize content - such as websites and applications - for international users, and to easily translate large volumes of text efficiently.

ステップ1 S3バケットを作成

us-east-1 に S3 バケットを作成し、一意の名前を付けます。
このバケット内に、「raw」という名前のフォルダーを作成します。
2020-04-10_14h59_04.png
フォルダー 「s3://作ったバケット名/raw/」 に、翻訳対象のテキストファイルをアップロードします。
このバケットが、バッチ翻訳の入力を保持することになります。

一意の名前で、保存先として、もう 1 つの S3 バケットを us-east-1 に作成します。
このバケット内に、「output」という名前のフォルダーを作成します。
バッチ翻訳からの出力は、「s3://2つ目のバケット名/output/」 の中に保存されます。

ステップ2 Amazon Translateでバッチ翻訳

Amazon Translate コンソールで、[Batch Translation] をクリックします。(バージニア北部を選択)
[Create job] をクリックします。
2020-04-10_15h27_44.png
[Name] に、「 MyTranslationJob 」と入力します。
[Source language] で、[English] を選択します。
[Target language] では、日本語を選択します。
[Input S3 location] に、s3://ファイルを入れたバケットの名前/raw/ と入力します。
[File Format] で、[txt] を選択します。
2020-04-10_15h54_21.png
[Output S3 location] に、s3://保存先のバケット名/output/ と入力します。
[Access permissions] では、[Create an IAM role] を選択します。
[IAM role] では、[Input and output S3 buckets] を選択します。
[Role name] に、translate-batch-role と入力します。
[Create job] をクリックします。
2020-04-10_16h52_21.png
ジョブの作成が完了すると、 Amazon Translate コンソール上で、その進行状況が確認できるようになります。
2020-04-10_16h52_42.png

ジョブが完了すると、上記の status が Completed に変わり、翻訳済みのドキュメントが出力用の S3 バケットに保存されます。
image.png

翻訳した結果

保存されたファイルをチェックしてみました。違和感の無い綺麗な日本語になりました!
2020-04-10_17h56_24.png

後編に続きます!

公式サイトリンク

AWS サービスブログ
Amazon Translate

JJ33
未経験異業種からIT業界に入りました! AWSとプログラミング、機械学習を並行して勉強中です。 聖闘士星矢が大好き。楽しくがモットー!
knowledgecommunication-inc
クラウドインテグレーター、AI・VRの分野で様々なソリューションを展開
http://www.knowledgecommunication.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした