LoginSignup
41

More than 3 years have passed since last update.

AMIMOTO AMIでWordPressを立ち上げる

Last updated at Posted at 2016-02-06

概要

何ができるのか

AWS上にDigitalCube社のAMIMOTO AMI(Apache)を使ってWordPressサイトを立ち上げます。
AMIMOTO AMIは、DBなどがすでに設定済みですぐに使い始められるだけでなく、カリカリにチューニングしてありAWS上での稼働に最適化されています。
https://ja.amimoto-ami.com
今回はAMIMOTOが起動できる最小のインスタンスであるt2.microを使用します。
いろんなバージョンがありますので、詳細は下記などを参照して下さい。
http://gatespace.jp/2015/12/16/amimoto-family/
https://www.facebook.com/GHOSTINTHEAMIMOTO

前提条件

  • AWSアカウントをもっていること。アカウント作成手順は下記を参照してください
    (クレジットカードが必要です)
    https://aws.amazon.com/jp/register-flow/
  • EC2で作成済みのkey pairがすでにあり、SSHでアクセスする方法を知っていること。知らないという方は下記のコンテンツをやってみてください(手順中で使用するツールはWindows向け)。コンテンツ内で立ち上げたWebサーバはその後使わないので、削除してしまって構いません
    http://d.ichiro.es/ec2.pdf
    なお、上記ドキュメントはWindows環境向けですので、Macユーザーは下記もあわせて参照下さい。
    ・SSH接続
    http://qiita.com/ssm_snow/items/56584b97c88d52f512d0
    ・SFTP接続
    http://www.hibimai.com/2014/02/05/175/
  • レコードを編集可能な独自ドメインを保有していること
    ※ もってない場合は無料で取ってしまおう

料金

東京リージョンでAMIMOTO AMI(Apache)をt3.microで起動する場合(2020年5月現在)。
リージョンによって料金が異なり、東京リージョンは他のリージョンに比べ若干高めです。

内訳 月額概算
インスタンス料金 約10.5 USD
ソフトウェア料金 約3.8 USD

初回起動後、14日間はソフトウェア料金が無料です。
詳細は下記で確認して下さい。
https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B084CW35D7?ref=cns_1clkPro

AMIMOTO AMIを起動する

  • AWSにサインインする
  • EC2コンソールを開く スクリーンショット 2020-05-26 13.09.17.png
  • リージョンはお好みでOK。とくに理由がなければTokyoリージョンを選択する
    EC2 Management Console 2016-09-22 16-07-39.png
  • 英語画面で説明するので、日本語表示になっている場合は画面左下の言語選択を[English]に変更する
    AWS マネジメントコンソール 2016-09-22 15-49-56.png
  • [Launch Instance]をクリックする
    Launch.png
  • [AWS Marketplace]をクリックする -> [AMIMOTO]と入力する -> Enterを押す -> [WordPress Powered by AMIMOTO (Apache)]横の[Select]をクリックする スクリーンショット 2020-05-26 14.00.33.png
  • 課金についての説明を読み、同意する場合は[Continue]をクリックする スクリーンショット 2020-05-26 16.12.29.png
  • [t3.micro]を選択し[Next:...]をクリックする スクリーンショット 2020-05-26 13.11.24.png
  • 次の2画面はとくに変更しなくてもOKなので、そのまま[Next:...]をクリックする スクリーンショット 2016-02-06 16.47.01.png スクリーンショット 2016-02-06 16.49.24.png
  • インスタンス名を入力(任意)して[Next:...]をクリックする スクリーンショット 2016-02-06 17.26.57.png
  • TCP/443(SSL)は今回は使用しないので削除する スクリーンショット 2020-05-26 13.15.39.png
  • 判別しやすいSecurity Group名をつけ、TCP/22のSourceを[My IP]に変更する
  • [Review and Launch]をクリックする
    ※ TCP/22は、SSHおよびSFTPのアクセスに使用するポートでありany開放するのはセキュリティ上好ましくないので、現在PCからインターネットにアクセスしているIPに制限する。ただし、プロバイダから与えられるグローバルIPは変化するので、アクセス都度変更する必要がある
    ※ 社内LAN等F/W越しの接続の場合、上記設定ではSSH/SFTP接続ができない場合がある。その場合はSSH/SFTP接続をするときだけ「Anywhere」で開放し、作業が終了したらポートを閉じるようにする スクリーンショット 2016-02-06 17.00.01.png
  • 設定内容を確認して[Launch]をクリックする
  • Key pairを選択し[I acknowledge...]にチェックを入れ[Launch Instances]をクリックする スクリーンショット 2016-02-06 17.10.59.png
  • [View Instances]をクリックする

独自ドメインでアクセスできるようにする

  • 先ほど起動したAMIMOTOインスタンスのPublic IPとInstance IDを確認する
    ※ ただしこのままでは再起動でグローバルIPが変わる場合があるので、必要に応じてElastic IP(固定グローバルIP)をアサインする。Elastic IPは1つのEC2インスタンスにつき1IPが無料だが、EC2停止中は課金されるので注意
    スクリーンショット 2016-02-09 00.08.32.png
  • DNS名(WordPressサーバへアクセスするURL)を決め、DNSのAレコードにPublic IP(またはElastic IP)を登録する
    ※ Route 53でドメイン管理をしている場合は下記参照
    http://qiita.com/Ichiro_Tsuji/items/8471fe0b3d4d17cde146#aレコードの登録
  • Instance IDは次項で使用する

WordPressの初期設定を行う

  • 前項で確認したPublic IPとInstance IDを使い、下記にログインする
    http: //{Public IP}/wp-login.php
    Username: admin
    Password: {Instance ID}
    スクリーンショット 2020-05-26 15.30.22.png
  • WordPressのダッシュボードが表示される スクリーンショット 2020-05-26 15.35.33.png
  • 設定画面に入り下図の通り設定を変更し、設定を保存する。サイト名は適当な名前を、2種類のURLはhttp://{DNS名}を入力する。DNS名は前項で前項でAレコード登録したもの スクリーンショット 2020-05-26 15.38.31.png
  • 再度ログインする
  • あなた専用のブログサイトが立ち上がりました。記事を投稿してみましょう!投稿は管理画面から行います。もちろんスマホからもアクセスできます。画像を投稿する場合は[メディアを追加]をクリックします。管理画面のURLはhttp://{DNS名}/wp-adminと覚えておきましょう。
    スクリーンショット 2020-05-26 16.01.41.png スクリーンショット 2020-05-26 16.00.49.png
  • DNS名でアクセスしてブログページを確認する
    スクリーンショット 2020-05-26 16.02.33.png

SSHクライアントでコンソールにアクセスできることを確認する

  • ログインIDは[ec2-user] スクリーンショット 2016-02-06 19.00.04.png

SSHでアクセスできない場合は、Security GroupでTCP/22のSourceを再設定してみる

  • EC2コンソールを開き、下記設定を行う スクリーンショット 2016-02-06 18.57.53.png

    スクリーンショット 2016-02-06 19.52.57.png ※ 社内LAN等F/W越しの接続の場合、上記設定ではSSH/SFTP接続ができない場合がある。その場合はSSH/SFTP接続をするときだけ「Anywhere」で開放し、作業が終了したらポートを閉じるようにする

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
41