今回は「Ubuntu Server 16.04 LTS (HVM), SSD Volume Type」を選択し、メモリを4Gとしました。
1Gだとメモリがーと怒られたのですが、2Gでも大丈夫かもしれません。

下準備

更新して、curl、openssh-server、ca-certificates、postfixをインストール。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates
$ sudo apt-get install -y postfix

postfixの設定はデフォルトのままにしました。
ドメインだけ、gitlab.mydomain.comとしておくと後で楽かもしれません。

gitlabのインストール

後で行う日本語化が9.1.4までしかリリースされていないので、9.1.4をインストール。

$ curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.deb.sh | sudo bash
$ sudo EXTERNAL_URL="http://gitlab.mydomain.com" apt-get install gitlab-ce=9.1.4-ce.0

日本語化

日本語化ファイルを取得し、解凍します。

cd /tmp
wget https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/archive/master.zip
sudo apt-get install unzip
unzip master.zip

回答したパッチをgitlab本体にあてます。

cd /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails
sudo patch -p1 < /tmp/gitlab-i18n-patch-master/patches/v9.1.4/app_ja.patch

以上です。

動作確認後、もしドメイン表記がAWSのパブリックDNSのままであった場合は下記修正をします。

sudo vi /etc/gitlab/gitlab.rb

下記の通り変更。

external_url 'http://gitlab.mydomain.com'

書き換えが終わったら、反映して再起動します。

sudo gitlab-ctl reconfigure
sudo gitlab-ctl restart
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.