Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gradleからs3にMavenリポジトリをアップロードする

More than 5 years have passed since last update.

やりたいこと

  • Android用のライブラリをMavenの形式でホストしたい
  • ホストにはs3を利用する
  • CircleCIでCIを回しmasterへのpushをトリガーにs3へのアップロードも自動化したい

Android LibraryプロジェクトをMaven形式へ変換

Android LibraryプロジェクトをMaven形式に変換するには、mavenプラグインを利用する。

apply plugin: 'maven'

uploadArchives {
    repositories {
        mavenDeployer {
            repository url: "保存先のパス"
            pom.version = '0.0.1' // ライブラリバージョン
            pom.groupId = 'com.example' // グループ名
            pom.artifactId = 'test' // アーティファクト名
        }
    }
}

build.gradleにuploadArchivesとして定義しておくと、tasksにuploadArchivesが追加されるのでコマンドラインから実行可能になる。

$ ./gradlew uploadArchives

上記のようにコマンドを実行するとMaven形式で指定したパスに保存される。

s3へのアップロード

s3にアップロードする場合には、repository urlにs3:で始まるパスを指定する。

apply plugin: 'maven'

configurations {
    deployerJars
}
dependencies {
    deployerJars 'org.springframework.build.aws:org.springframework.build.aws.maven:5.0.0.RELEASE'
}

uploadArchives {
    repositories {
        mavenDeployer {

            configuration = configurations.deployerJars

            repository(url: "s3:/${s3のbacket}") {
              authentication(userName: s3Key, passphrase: s3Secret)
            }
            pom.version = '0.0.1' // ライブラリバージョン
            pom.groupId = 'com.example' // グループ名
            pom.artifactId = 'test' // アーティファクト名
        }
    }
}

configurationには、repository urlに指定するパスのプロトコルごとに異なるライブラリを指定する。例えばsshならorg.apache.maven.wagon:wagon-ssh:2.2が必要になる。参考

s3の場合には、springframeworkのaws-mavenを利用する。s3に認証には、authenticationを記述して行い、key、secretは環境変数にするか外部ファイルに記述するなどする。

circle.yml

s3にアップロードする流れは以下の通り。

  1. ./gradlew assebleRelease
  2. ./gradlew uploadArchives

これらのコマンドをCircleCIのdeploymentフローで実行すれば自動でs3にアップロードされるはず。

追記

mavenプラグインを使う方法だとACLを設定する方法が見つからないのでもう一度考え直してみる。別のプラグインを使えば出来そうだけど複雑になりそうなのでできれば使いたくない。Maven形式に変換する部分までをmavenプラグインで行い、s3へのアップロードは別途行った方が良さそう。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away