AWS

ACMでDNSによるドメイン検証する方法

More than 1 year has passed since last update.


前提条件  Amazon Route 53でドメイン名を取得していること


1. セキュリティ、 アイデンティティ、 コンプライアンス欄のCertificate Managerを選択

screenshot.40.jpg


2. 証明書のリクエストを選択

screenshot.41.jpg


3. パブリック証明書のリクエストを選択

screenshot.42.jpg


4. ドメイン名を入力 ■ドメイン名の手前に*を付けるとワイルドカード証明書となりドメイン名の前に「www」や「site」を付けられる

screenshot.43.jpg


5. DNSの検証を選択

screenshot.44.jpg


6. 確定とリクエストを選択

screenshot.45.jpg


7. ここでDNSの設定が可能だが一旦スキップする

screenshot.46.jpg


8. ドメインの名前と値をRoute 53のNAMEとValueに入力する

screenshot.47.jpg

                           ↓

Route 53へ移動してcreate record setを選択    


screenshot.52.jpg

                           ↓ 

create record setのNameには先ほどの名前を入力

TypeをCNAMEに変更 

Valueに先ほどの値を入力してCreateする

screenshot.54.jpg


9. Route 53への書き込みが成功したら反映するまで数分~30分程かかるので待つ

screenshot.49.jpg


10. 検証が無事完了すると状況が発行済みとなりELBで証明書を選択できるようになる

screenshot.50.jpg