Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 3 Model B+の初回セットアップ(購入から起動まで)

More than 1 year has passed since last update.

■はじめに

Raspberry Pi 3 Model B+ (以下ラズパイ)を、買ってからOS起動するまでのまとめになります。

なお、wifiを使ってインターネットブラウジングを、Bluetoothで無線マウス利用まで行います。

image.png

■実施フロー

準備1. Raspberryと周辺機器の準備
準備2. Raspberryとの接続
準備3. SDカードにOSデータを配置

作業1. 電源ON

作業2. OSセットアップ
   ①言語選択
   ②OSインストール選択
   ③OSインストール完了

作業3. 初期設定
   ①地域選択
   ②デフォルトユーザ パスワード入力
   ③wifi設定
   ④システムアップデート

作業4. Bluetooth設定
   ①デバイスの追加
   ②デバイスの選択
   ③ペアリングの確立

■準備1. Raspberryと周辺機器の準備

Raspberryの箱の中には、基盤しか入っていないため、動作に向けて周辺機器も一緒に準備します。
#ほとんどアキバで購入

・RaspberryPi 開封の儀
image.png

・今回の準備物

必須/あれば デバイス 価格 備考
必須 Raspberry Pi 3 Model B+ 5000円くらい アキバで購入
必須 Raspberry Pi用電源(5V 3.0A) 1500円くらい アキバで購入
Raspberry Pi 3用ケース 1500円くらい アキバで購入
必須 microSD 128GB 5000円くらい アキバで購入
microSDリーダライタ 1500円くらい? 家にあった
有線マウス 200円 アキバで購入/普通のUSB(Aコネクタ)端子
必須 有線キーボード 1000円くらい? 家にあったもの/普通のUSB(Aコネクタ)端子
必須 モニター 15000円くらい? 家にあったもの
必須 HDMIケーブル 1000円 アキバで購入/普通のUSB(Aコネクタ)端子/普通のHDMI端子
LANケーブル 500円 アキバで購入/wifi環境有ればいらない
必須 ネットに繋がったPC うん万円 この記事を書いているPC

■準備2. Raspberryとの接続

・準備したものをガシガシ接続していきます。
※SDカードに関しては別途準備があります。

・接続前
image.png

・接続後
image.png

■準備3. SDカードにOSデータを配置

ラズパイは電源を入れただけでは使えません。SDカードにOS(noobs)を入れておく必要があります。ネットにつながったPCから、ソフトウェアをダウンロードしてSDカードに入れておきます。

・OS(noob)ダウンロード
[Raspberry] noobs Download
https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

image.png

・解凍したものをすべてSDカードへコピー
image.png

※SDカードが64GB以上の場合は、さらに別に事前処理をする必要があります。

Raspberry Pi向けに64GB以上のmicroSDをFAT32にフォーマットする@windows7
https://qiita.com/Higemal/items/2034ef9f772416b4dbb7

■作業1. 電源ON

ラズパイは電源から通電すると、自動で電源ONになります。
(電源スイッチはラズパイ本体にはありません。)

■作業2. OSセットアップ

しばらく待つと、以下画面が起動してきます。
image.png

①言語選択
画面下部の「Language(l):」から「日本語」を選択します。
image.png

image.png

②OSインストール選択
「Raspbian」を選択し、上部の「インストール(i)」をクリックします。
image.png

・確認は「はい」」を選択します。
image.png

③OSインストール完了
・しばらく待ちます。
image.png

・インストール完了が案内されます。
image.png

・デスクトップ画面が起動しました。
image.png
#ここまでくると、screen shotで画面ダンプが取れるようになります。

■作業3. 初期設定

・「Welcome to Raspberry Pi」のウィンドウに従って、初期設定を進めていきます。
 「Next」を選択。
image.png

①地域選択
image.png

②デフォルトユーザ パスワード入力
ラズパイ起動時のデフォルトユーザは「pi」ユーザです。このpiユーザのパスワードを設定します。
image.png

③wifi設定
wifi環境がある場合、wifi機器を選択して接続することが出来ます。

・wifi設定をする場合は「Next」を、設定しない場合は「Skip」を選択します。
image.png

・対象のwifiルータを選択します。
image.png

・wifiパスワードを入力します。
image.png

・完了すれば、「Check For Update」の画面に遷移します。
image.png

#これが完了すれば、インターネットにつながるようになります。
image.png

④システムアップデート
システムのアップデートの確認と実行を行います。

・実施する場合は「Next」を、設定しない場合は「Skip」を選択します。
image.png

・「Next」を選択すると、アップデートが走ります。
image.png

・完了。
image.png

■作業4. Bluetooth設定

・Bluetoothでワイヤレスマウスをペアリングします。

①デバイスの追加
「Bluetooth」マークをクリックし、メニューから「Add Device...」を選択します。
image.png
#このメニューだけプリントスクリーンが出来ない・・・

②デバイスの選択
周辺のBluetoothデバイスがサーチされるので、対象のデバイスをクリックします。
image.png

③ペアリングの確立
・しばらく待つと、「Connected successfully」と表示されます。「Bluetooth」マークをクリックすると、メニューに対象のBluetoothデバイスが追加されています。

image.png

image.png

■最後に

こんな感じに小さくまとまりました。
image.png

■出典/参考

Raspberry Pi 3 model B(UD-RP3) 仕様
http://www.iodata.jp/product/pc/raspberrypi/ud-rp3/spec.htm

[Raspberry] noobs Download
https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

[hiramine.com] Raspberry Pi 3
http://www.hiramine.com/physicalcomputing/raspberrypi3/index.html

IT女子のラズベリーパイ入門奮闘記
第56回「改めましてラズベリーパイの基本!(1) Raspberry Pi NOOBSインストール 2017年度版」
https://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi_entry_056/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away