Help us understand the problem. What is going on with this article?

VMware ESXi 6.0でvSphere ClientからOSクローン作成する(OVFエクスポート/デプロイ編) 

More than 1 year has passed since last update.

■はじめに

vSphere ClientのOVFエクスポート/デプロイを使って、OSクローンを作成します。
ちなみに、同じ手順でOS移行が実施可能です(作業後にクローン元OSを削除)。
だいたい15分ぐらいで出来ました(検証用の単純環境ということもありますが)。

以下記事にて別方式で実施しています。

VMware ESXi 6.0でvSphere ClientからOSクローン作成する(データストアブラウザでコピペ編) 
https://qiita.com/Higemal/items/0e994973e90dada62768

■作業イメージ

ESXiに存在するOSから、別のデータストアに対してクローンOSを作成します。

image.png

■マシン

クローン元OS:Cent 6.4 ホスト名 cent64-gn01
 CPU 1core / Memory 2GB / Disk 20GB

クローン先OS:Cent 6.4 ホスト名 cent64-gn01_clone2
 CPU 1core / Memory 2GB / Disk 20GB

仮想化ホスト:VMware ESXi 6.0 u2
 datastore1 120GB ←クローン元OSの領域
 datastore2 60GB ←クローン先OSの領域

クライアント:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
 vSphere Client 6.0.0
 Disk 250GB(Eドライブ)

詳細構成は以下ページにて(注:最新化はしていません)。
https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614

■作業フロー

作業1 クローン元マシンのCD/DVDデバイス確認
作業2 OVFファイルのエクスポート
作業3 OVFファイルのデプロイ

■そもさん、OVFとは?

OVF(Open Virtualization Format)とは,異なる仮想化ソフト同士で仮想マシンのイメージ・ファイルを相互にやりとりできるようにするための標準フォーマットです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090410/328215/?rt=nocnt

■作業1 クローン元マシンのCD/DVDデバイス確認

クローン元マシンのCD/DVDデバイス設定にて、ISOイメージが接続された状態になっていると、今後の作業にて失敗する可能性があります。まずは事前作業として以下を実施します。

CentOS6.4 のOVFテンプレートのデプロイに失敗する。
https://communities.vmware.com/message/2255792

CDドライブをマウントしたままのESXiゲストOVFのデプロイ
http://ssilab.co.jp/tech-blog/cd%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%AEesxi%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88ovf%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%97%E3%83%AD



①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。



②クローン元のマシン(今回はcent64-gn01という仮想マシン)を選択し、右クリックメニューから「設定の編集(E)...」を選択します。
image.png



③以下警告画面は無視して「OK」を選択します。
image.png



④「仮想マシンのプロパティ」ウィンドウにて、「ハードウェア」タブから「CD/DVDドライブ」を選択します。
右ペインの「デバイスタイプ」が「データストアISOファイル」になっていると宜しくない状態ですので、「クライアントデバイス」へ設定を変更します。
image.png


■作業2 OVFファイルのエクスポート

いよいよ、クローン元の仮想OSイメージ(OVF)をエクスポートします。エクスポート先はvSphere Clientが存在するマシン上のディスクになるため、十分な容量を持った領域の準備が必要になります。


①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。



②クローン元のOS(今回はcent64-gn01というcentOS)を選択します。
image.png



③上部「ファイル(F)」メニューから、「エクスポート(E)」―「OVFテンプレートのエクスポート(O)...」を選択します。
image.png



④「OVFテンプレートのエクスポート」ウィンドウが表示されますので、各種設定を実行します。
 ・名前は任意で編集可能。デフォルト(クローン元OS)のままでOK。
 ・ディレクトリはvSphere Clientが存在するマシン上のディスクを選択。
  (注:ESXi側のデータストアは選択不可)。
 ・フォーマットはOVFとOVAがありますが、OVFで問題ありません。OVFだと数ファイルがエクスポートされ、その数ファイルがOVAだと1つのファイルにまとまってエクスポートされます。
 ・説明はブランクでも許可されます。
image.png



⑤エクスポートが実行されます。私の環境の場合は約800MBのファイルが2分程度でエクスポートされました(但し、ディスク速度や回線によって時間は大きく変わるとされます)。
image.png

image.png

#なかみ
image.png


■作業3 OVFファイルのデプロイ

あとはOVFをデプロイすれば、クローニングは完了です。



①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。



②上部「ファイル(F)」メニューから、「OVFテンプレートのデプロイ(D)...」を選択します。



③「OVFテンプレートのデプロイ」ウィンドウが表示されます。まずは、デプロイ対象ファイルを選択します。
image.png

#対象はさっきエクスポートしたOVFファイル単体です。その他ファイルはOVFファイルに紐づいてデプロイされます。
image.png



④詳細確認の画面です。「次へ(>)」で進みます。
image.png



⑤名前を決めます。この名前がESXi上で表示される仮想マシン名になります。デフォルトはクローン元のマシン名が入っていますので、それを変える必要があります。
image.png

#なお、変えずにクローン元と同名にしようとすると、以下エラーが出ます。
image.png



⑥ディスク領域となるデータストアを選択します。今回はクローン元データストア(datastore1)でなく、別のデータストア(datastore2)に格納します。
image.png

#なお、クローン元OSのディスク領域に対し、datastore容量が不足している場合は以下メッセージが表示され選択することができません。クローン元OSがThin Provisioningを利用してディスクフル容量まで利用していなくとも、クローン元OSのディスクフル容量が求められます(この後泣きながらdatastore容量の再割り当てをしました)。
image.png

20.00GBが必要なシックプロビジョニングを行うには、ディスク領域が不足しています。



⑦ディスクのフォーマットについてです。クローン元と同じく、Thin Provisioningを選択しています。
image.png



⑧最終確認画面です。「終了」を押下します。
image.png



⑨デプロイを待ちます。私の環境の場合、約2分で完了しました。
image.png

image.png



⑩デプロイ完了後、トップ画面に新しい仮想マシンが確認できました。
image.png



⑪OSの起動をすると、問題なくクローン元OSを同じhost名のOSが起動しました。
image.png

image.png


■所感

作業時間約15分ぐらいでした(この記事書く方が長くかかっています)。
この後、host名、network設定、mac設定等が必要になりますが、この記事では割愛します。


■参考

OVF テンプレートのエクスポート
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.hostclient.doc/GUID-8FB35C41-FB9D-45AD-B51D-06B354EAC90F.html

vSphere Client での、OVF テンプレートのデプロイ
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.hostclient.doc/GUID-6C847F77-8CB2-4187-BD7F-E7D3D5BD897B.html

仮想マシンのクローン作成
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.vm_admin.doc/GUID-C805A4AA-DCEC-453F-94FD-D2A98950AA36.html

ESX/ESXi への仮想マシンの安全なインポート (2105838)
https://kb.vmware.com/s/article/2105838

VMwareの標準機能を使ったバックアップとリストアの比較
https://tech-mmmm.blogspot.jp/2015/02/vmware.html

VMware vSphere Hypervisor でクローンを作成する方法(vCenter 不要)
https://qiita.com/kitakitash/items/84c1b6d6100541c638e5

ESXiテンプレート作成からデプロイまでの手順
https://genchan.net/it/server/4777/

CDドライブをマウントしたままのESXiゲストOVFのデプロイ
http://ssilab.co.jp/tech-blog/cd%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%AEesxi%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88ovf%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%97%E3%83%AD

CentOS6.4 のOVFテンプレートのデプロイに失敗する。
https://communities.vmware.com/message/2255792

OVF Open Virtualization Format
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090410/328215/?rt=nocnt

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした