CentOS
vSphere
VMware_ESXi
Nested構成

VMware ESXi 6.0でvSphere ClientからOSクローン作成する(データストアブラウザでコピペ編) 

More than 1 year has passed since last update.


■はじめに

vSphere Clientのデータストアブラウザ機能を使って、OSクローンを作成します。

ちなみに、同じ手順でOS移行が実施可能です(作業後にクローン元OSを削除)。

だいたい20分ぐらいで出来ました。

以下記事にて別方式で実施しています。


VMware ESXi 6.0でvSphere ClientからOSクローン作成する(OVFエクスポート/デプロイ編) 

https://qiita.com/Higemal/items/59679de56f9564ab1191



■作業イメージ

ESXiに存在する仮想マシンから、別のデータストアに対してクローンマシンを作成します。

image.png


■マシン

クローン元OS:Cent 6.4 ホスト名 cent64-gn01

 CPU 1core / Memory 2GB / Disk 20GB

クローン先OS:Cent 6.4 ホスト名 cent64-gn01_clone1

 CPU 1core / Memory 2GB / Disk 20GB

仮想化ホスト:VMware ESXi 6.0 u2

 datastore1 120GB ←クローン元OSの領域

 datastore2 60GB ←クローン先OSの領域

クライアント:Windows 7 Home Premium SP1 64bit

 vSphere Client 6.0.0

 Disk 250GB(Eドライブ)


詳細構成は以下ページにて(注:最新化はしていません)。

https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614



■作業フロー

作業1 仮想マシン構成ファイルのコピペ

作業2 仮想マシンのクローニング


■作業1 仮想マシン構成ファイルのコピペ

今回はクローン元仮想マシンがあるデータストア(datastore1)から、別のデータストア(datastore2)へのクローニングを実施します。そのための、仮想マシン構成ファイルのコピペを実施します。

①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。

②左ペインではESXiサーバを選択し、「構成」タブから、ハードウェアの「ストレージ」、表示から「データストア」を選択します。クローン元のデータストアを右クリックし、「データストアの参照(B)...」を選択します。

image.png




③データストアブラウザが表示されたことを確認します。

image.png




④クローン元仮想マシンの動作場所ディレクトリを開きます。

image.png

#もしクローン元仮想マシンのディレクトリがわからない場合は、トップ画面のクローン元仮想マシンを右クリックし、メニューから「設定の編集(E)...」を選択し、「仮想マシンのプロパティ」ウィンドウにて「オプション」タブを開くと、「仮想マシンの動作場所」にて表示されています。

image.png




⑤クローン先データストアにてデータストアブラウザを開き、コピー先ディレクトリを作成しておきます(右クリックメニューの「新規フォルダ」にて作成可能)。

今回は「[datastore2]/copytest/cent64-gn01_copy」というディレクトリを作りました。

image.png




⑥データストアブラウザを並べ、クローン元仮想マシンのデータを全選択してコピー、クローン先に貼り付けを行います。

image.png




⑦コピーが完了するまでしばし待ちます。今回は約4.5GBのデータが約1分で完了しました。

image.png




⑧クローン先データストアのディレクトリにコピーが完了したことを確認します。

image.png



■作業2 仮想マシンのクローニング

仮想マシンの新規作成ウィザードを利用して、先ほどコピペしたデータから仮想マシンを構築します。

①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。

②ESXiサーバのトップ画面から「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

image.png




③「新規仮想マシンの作成」ウィザードにて、「カスタム」構成を選択し、「次へ(>)」ボタンを選択します。

image.png




④仮想マシンの名前を記載します。今回は「cent64-gn01_clone1」としています。

image.png

#もし、既に存在している仮想マシン名を記入した場合は、以下エラーとなります。

image.png




⑤ディスク領域となるデータストアを選択します。今回はクローン元データストア(datastore1)でなく、別のデータストア(datastore2)に格納します。

image.png




⑥仮想マシンのバージョンを選択します。デフォルトのままの「仮想マシンのバージョン:11」を選択します。

image.png




⑦ゲストOSは、「Linux」の「CentOS Linux(64bit)」を選択。

image.png




⑧CPUもクローン元仮想マシンと同様に、1ソケット/1コアを選択。

image.png




⑨メモリもクローン元仮想マシンと同様に、2GBを選択。

image.png




⑩NICもクローン元仮想マシンと同様に、2個を選択。

image.png




⑪SCSIコントローラもクローン元仮想マシンと同様に、VMware準標準化を選択。

image.png




⑫ディスクの選択ですが、ここで「既存の仮想ディスクを使用」を選択し、コピペした仮想マシンイメージを利用する手順に入ります。

image.png




⑬既存ディスクの選択になるため、先ほどクローン先データストアの仮想マシンディレクトリにあるvmdkファイルを選択します。

image.png

↓↑

image.png




⑭詳細オプションですが、抵触する場所がないため、デフォルトのまま変更しません。

image.png

⑮最終確認画面です。「終了」ボタンを押して確定させます。

image.png




⑯そんなに待たず処理は完了し、vSphere Clientのトップ画面にクローン作製の仮想マシンが表示されました。

image.png




⑰さっそく仮想OSを起動します。問題なく、クローン元のOSと同じものが立ち上がりました。

image.png



image.png


■所感

作業時間は約20分ぐらいでした(この記事書く方が長くかかっています)。

この後、host名、network設定、mac設定等が必要になりますが、この記事では割愛します。


■参考

VMware ESXi 6.0でvSphere ClientからOSクローン作成する(OVFエクスポート/デプロイ編) 

https://qiita.com/Higemal/items/59679de56f9564ab1191

VMware 環境での仮想ディスクの移動またはコピー (2080689)

https://kb.vmware.com/s/article/2080689

仮想マシンのクローン作成

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.vm_admin.doc/GUID-C805A4AA-DCEC-453F-94FD-D2A98950AA36.html

VMwareの標準機能を使ったバックアップとリストアの比較

https://tech-mmmm.blogspot.jp/2015/02/vmware.html

VMware vSphere Hypervisor でクローンを作成する方法(vCenter 不要)

https://qiita.com/kitakitash/items/84c1b6d6100541c638e5