Edited at

ArchLinuxをインストールした直後に行う設定(GUI導入や日本語化、アーカイブ設定、Office、Bluetoothなど)


前置き

ArchLinuxを最小構成でインストールした直後に行う設定です。

いきなり全部は大変なので少しずつ書いていこうと思います。


今回の環境

CPU:Intel Xeon E3-1275

GPU:NDIVIA GTX 1050Ti

M/B:GIGABYTE H61M-DS2

SSD:SPCC SSD 128GB

RAM:DDR3-1600 4GB x 2


目次


  • ArchLinuxのインストール

  • インターネット接続


    • NetworkManagerのインストール

    • NetworkManagerの設定



  • AURヘルパー「yay」のインストール

  • GUI環境の構築


    • Xorgのインストール

    • LightDMのインストール

    • LightDMの設定

    • フォントのインストール

    • デスクトップ環境(Xfce4)のインストール

    • テーマ、アイコン、カーソルのインストール



  • 日本語化


    • 日本語化

    • 日本語入力



  • アーカイブの設定

  • Bluetooth環境の構築

  • GUIシステムモニターのインストール

  • TUIシステムモニターのインストール

  • ドックランチャーのインストール


    • 「Plank」のインストール

    • テーマのインストール

    • 自動起動の設定



  • WPS Officeのインストール


    • WPS Officeの日本語化



  • Grubテーマのインストール


    • 背景画像の変更



  • GoogleChromeのインストール


ArchLinuxをインストール

これがないと始まりませんね。

こちらの記事で解説しています。


インターネット接続

NetworkManagerを使用して行います


NetworkManagerのインストール

# とりあえずネット接続

dhcpcd
# NetworkManagerのインストールと自動機能
sudo pacman -S networkmanager
sudo systemctl enable NetworkManager
sudo systemctl start NetworkManager


NetworkManagerの設定

nmtui

テキストベースのユーザーインターフェースが起動するのでここでIP固定なのでの編集をしてください。


AURヘルパー「yay」のインストール

cd ~/

pacman -S git
git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
cd yay
makepkg -si
cd ../
rm -r yay

Gitを使用しない場合は削除して結構です。

yay -Rn git


GUI環境の構築


Xorgのインストール

yay -S xorg-server  xorg-xinit


LightDMのインストール

yay -S lightdm lightdm-gtk-greeter

sudo systemctl enable lightdm


LightDMの設定

【ArchLinux】LightDMのディスプレイ配置を変更する

こちらに画像つきでまとめました。


フォントのインストール

UbuntuデフォルトでGoogleお手製のNotoフォントを使用します。

yay -S noto-fonts noto-fonts-cjk noto-fonts-emoji


デスクトップ環境のインストール

Xfce4本体やメニュー、通知プラグインなどがインストールされます。

Bluetooth関連は後ほどインストールします。

yay -S xfce4  xfce4-whiskermenu-plugin xfce4-notifyd


テーマ、アイコン、カーソルのインストール

みんな大好きNumixセットをインストールします。

yay -S numix-cursor-theme numix-circle-icon-theme-git numix-themes-blue-git

xfconf-query -c xfwm4 -p /general/theme -s "Numix-Blue"
xfconf-query -c xsettings -p /Net/ThemeName -s "Numix-Blue"
xfconf-query -c xsettings -p /Net/IconThemeName -s "Numix-Circle"


日本語化


日本語化

UIを日本語化しないと日本語入力できません。なぜでしょうかね。謎です。

echo "LANG=ja_JP.UTF-8" > /etc/locale.conf


日本語入力

yay -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc

echo -e "export GTK_IM_MODULE=fcitx\nexport QT_IM_MODULE=fcitx\nexport XMODIFIERS=”@im=fcitx”" >> ~/.xprofile

設定をGUIで開いて英語キーボードを削除し日本語キーボードを追加してください。

fcitx-configtool

その後、再起動すれば設定完了です。


アーカイブの設定

rarやzipを文字化けせずに展開するパッケージをまとめて入れます。

Thunarの右クリックから展開できるプラグインも入れちゃいます。

yay -S xarchiver unrar unzip-iconv thunar-archive-plugin

アーカイブの文字化けを防ぐ設定

echo -e "export ZIPINFOOPT="-OCP932"\nexport UNZIPOPT="-OCP932"" > ~/.xinitrc


Bluetothの設定

yay -S bluez bluez-utils blueman pulseaudio-bluetooth 

sudo systemctl enable bluetooth
sudo systemctl start bluetooth
sudo rfkill unblock bluetooth


GUIシステムモニターのインストール

yay -S gnome-system-monitor


TUIシステムモニターのインストール

yay -S htop


ドックランチャーのインストール

「Plank」をインストールします


Plankをインストール

yay -S plank


テーマのインストール

yay -S git

git clone https://github.com/KenHarkey/plank-themes.git
cd plank-themes
rm -r screenshots
rm README.md
sudo mv * /usr/share/plank/themes/
cd ..
rm -rf plank-themes

Gitを使わないのなら削除して結構です。

yay -Rn git


Plankの自動起動

touch ~/.config/autostart/Plank.desktop

echo -e "[Desktop Entry]/n
Encoding=UTF-8/n
Version=0.9.4/n
Type=Application/n
Name=Plank Launcher/n
Comment=/n
Exec=plank &/n
OnlyShowIn=XFCE;/n
StartupNotify=false/n
Terminal=false/n
Hidden=false"
>> ~/.config/autostart/Plank.desktop


WPS-Officeのインストール

AURにあるので簡単にインストールできます。

しかもLinux版は無料です。

ただし2019年8月2日現在、開発中のようでまだ不安定でした。

yay -S wps-office wps-office-mui-ja-jp  ttf-wps-fonts

これでまとめてインストールできます。

自動で日本語化されます。


Grubテーマのインストール

Vimixテーマをインストールします・


テーマのインストール

まずはGrubCustomizerをインストールします。

yay -S grub-customizer

その後、Vimixテーマをインストールします。

yay -S git

git clone https://github.com/vinceliuice/grub2-themes.git
cd grub2-themes
sudo ./install.sh -v
cd ..
rm -rf grub2-themes
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg


カスタマイズ

GrubCustomizerを起動し、カスタマイズしてください。

背景画像は/boot/grub/themes/vimix/background.pngを置き換えることで変更できます。

sudo grub-customizer


最後に

いかがだったでしょうか?

誤字などがあれば教えてください。

最後に私のTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。