Help us understand the problem. What is going on with this article?

2018年のAR開発における振り返り

More than 1 year has passed since last update.

この記事はAR Advent Calendar 2018の一日目の記事です。

今年もあと残り一ヶ月となってしまいました⛄
去年の1月にGraffityにジョインしてから怒涛の一年でした・・・

そんな2018年の締めくくりを兼ねて今年起きたAR開発における振り返りを雑多にまとめようと思います。

ARKit

ARKit-logo-icon.jpg

  • AppleがiOS向けに公開しているAR開発のためのフレームワーク
  • 2017年9月にARKit 1.0が公開
  • iOS11以降に対応している端末で動作する(iPhone SE, iPhone 6s以降)

ARKit1.5のリリース

  • 不規則な形の平面が認識できるように
  • 平面認識が垂直面も認識できるように
  • 画像認識が強化。アンカー(ARImageAnchor)の検出ができるように
  • 解像度が50%向上。カメラがオートフォーカスに対応

[参考]
https://www.apple.com/jp/newsroom/2018/03/ios-11-3-is-available-today/

ARKit2.0のリリース

  • ARWorldMapを使って共有体験ができるように
  • 環境マッピングに対応、周囲の映り込みが表現できるように
  • ARReferenceObjectやARKitScannerにより物体認識ができるように
  • 舌のトラッキングができるように

[参考]
ARKit 2.0の何が凄いのか

ARCore

01_l.png
- Googleが提供しているAR開発のためのフレームワーク
- AndroidだけではなくiOSでも動作するAPIも提供

ARCore正式版(v1.0)のリリース

porsche_l (1).png
- 6DoFや平面認識
- 環境光を推定し、ARオブジェクトの色味を反映
- 垂直方向の壁は認識できない
- 相対座標の共有

ARCore 1.2.0

  • Vertical plane detection
    • 壁を認識できるようになった
  • Cloud Anchors API
  • Augmented Images API
    • 画像認識して位置をトラッキング

ARCore 1.5

  • gITF形式でロードが可能
  • 「Sceneform」のオブジェクトをカスタマイズ可能
  • ポイントクラウドで各ドットにID割当
  • 対応デバイスの追加

ARグラス

Magic Leap One

https://www.youtube.com/watch?v=5iTLN3AuBws#action=share
00.jpg

Meta2

https://www.youtube.com/watch?v=_x9462x6A0k#action=share
53effc95568a3bd1e5335fd258871bcb.jpg

https://vrjour.jp/arglasses/#Apple_Glass

その他開発ツール

  • 8th Wall
    • 「8th Wall Web」や「8th Wall ARCamera」を公開
  • Vuforia
  • Kudan
  • Amazon Sumerian

まとめ

2018年はARKitやARCoreを始め多くのSDKが「垂直面の平面検出」や「画像のトラッキング」などが可能になり、最低限のマーカーレスのAR開発を行うための環境が整ったと言えそうです。

また、ARCoreの「Cloud Anchor API」やARKitの「WorldMap」などといったAR空間の共有体験のためのAPIも公開されました。2019年はますますARCloudの世界の実現に向けて各APIがアップデートされていく年になってくると思います。

ARグラスにおいては「Magic Leap One」や「Meta 2」が一般向けに発売されましたが、2020年発売予定と噂される「Apple Glass」やそれに対してARグラスで再起を図るであろう「Google Glass」の動きも気になる年になりそうですね👓

明日は@mcz9mmさんです!よろしくおねがいします!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away