Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac(OSX)のホスト名変更(GUIとCLI(scutil))

More than 5 years have passed since last update.

Macのホスト名

円安の影響でiPhoneが値上がりしたので、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)(以下、MBP)に波及する可能性があるので、以前より購入を検討していたMBPを購入しました。
購入後は自分色に染めて行きますよね。
設定していく順序はあると思いますが、MBPの場合はホスト名の変更を実施しあす。
初期設定後、Macのホスト名は、”HOKARI の MacBook Pro”のように設定され、ターミナルやネットワーク上などでは、”HOKARI-no-MacBook-Pro"と表示されます。
気持ち悪いぃ〜〜ですね。

「システム環境設定」->「共有」
スクリーンショット 2014-12-06 1.05.10.png
ターミナル表示
スクリーンショット 2014-12-06 1.03.21.png
余りにも恥ずかしい感じなので変えたいですね。
これを変えるには、GUIとCLIの2種類の方法があります。
よく書かれているのはGUIですね。

GUIによる変更

簡単にホスト名が変更できます。
スクリーンショット 2014-12-06 20.54.33.png

「アップルメニュー」から「システム環境設定」を選択。
スクリーンショット 2015-01-04 10.18.58.png

「共有」を選択。
スクリーンショット 2014-12-06 20.54.56.png

「コンピュータ名:」に現在のコンピュータ名が表示されています。
これを変更。
スクリーンショット 2014-12-06 1.05.10.png

変更したホスト名が表示され、.localの表示も変更されています。
スクリーンショット 2015-01-04 10.26.57.png

CUI(scutil)による変更

先ずは、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)のホスト名を確認しましょう。

ホスト名確認

$ scutil --get ComputerName
HOKARI-no-MacBook-Pro
$ scutil --get LocalHostName
HOKARI-no-MacBook-Pro
$ scutil --get HostName
HostName: not set

ということなので、ComputerNameとLocalHostNameの設定をします。

$ sudo scutil --set ComputerName mbp2014mid
$ sudo scutil --set LocalHostName mbp2014mid
$ 

再度、確認すると…

$ scutil --get ComputerName
mbp2014mid
$ scutil --get LocalHostName
mbp2014mid
$ scutil --get HostName
HostName: not set

GUIを見てみても…
スクリーンショット 2014-12-06 1.08.25.png
変わってますねぇ〜〜

HOKARI_Yutaka
フリーのインフラエンジニア
http://blog.hokari.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした