Help us understand the problem. What is going on with this article?

「ググレカス」と思う前に、この記事を読めカス。   

はじめに

古来より業界では、わからないことは自分で調べることが常識となっていますね。
僕も知的好奇心が旺盛なので、人に教わるよりも自分で調べるほうが好きです。
しかし、もし「"○○"って?」と聞いたときに「ggrks」と言われたとしたら、僕はきっと、感じるところがあるでしょう。
しかし後述する全ての項目を質問したら、細かい、しつこい、ウザいと思われるのは目に見えているので、グッとこらえる事でしょう。
将来、自分自身が教え下手人間とならないよう、「初心忘るべからず」という思いをこめて、この気持ちを記事に残します。

本記事のターゲットは、未来の自分です。
本記事上では現在の自分を「ぼく」、未来の自分を「あなた」と記します。
自分に対する、気づきの為のメモなので、上から目線で記している点をご了承ください。

読者のみなさまへ:
同じような境遇の方、どんどんコメントお願いいたします!
お気持ちを共有していただくことにより、近い将来、高い鼻鳴らして闊歩している自分に、より多くの気づきを授けることでしょう。

記事タイトルについて:
記事タイトルは お前らの記事のタイトルは間違っている〜爆速で誰でもできるQiitaでバズらせる6個の必殺技まとめ を参考にさせていただいた上で、お茶目に韻を踏もうと思って命名したのですが、すこし暴力的なタイトルになってしまい、読者の皆様に不快な思いをさせてしまったことを懺悔します。
特に採用活動などでQiitaを拝見してくださってる皆様には、
普段の私は全く暴力性の無い温厚で向上心があり好奇心旺盛でちょっとかわいい一面も持ち合わせた人間であることを弁解させていただくと共に、
業界の諸先輩方に対する失言ともとれる記事タイトルを付けてしまったことを、謹んでお詫び申し上げます。

目次

ぼくだって、基本的にはググってます。
しかし、急いでいるときや、正確な学習のためにかいつまんだ説明がほしいとき、
もしくはGoogle先生よりもあなたのほうが確実に詳しそうなときなどには、
「"○○"って?」と聞き返すことも、よくあります。

あなたが「ggrks」と、ぼけ〜っと考えている間に、ぼくはこんなにも沢山のことを考えています。

1.そもそも、ググるべき単語なの? ~汎用的な単語であるのか~
3.それって、AND検索をする必要があるの? ~文脈により意味が変わらないか~
4.ところで、どれが検索ワードとして最適なの? ~不変的な単語であるのか~

詳しいところを、後述していきます。

結論

こんな記事を振り返る必要があるあなたは、ひじょ〜に忙しい方だと思うので、先に結論を言います。

「ggrks」と思う前に「"○○"でググれ」と考えてみてください。
すでに知識を持っているあなたですら、最適なワードを考え出すのに1分かかるとしたら、
それについての知識がないぼくがそのワードに辿り着くのに、最低10分はかかるでしょう。
(さらにそこから、最適解を得るための時間がかかるのでしょう。)

あなたのお給料が、ぼくのお給料の10倍以上ということは、さすがにないでしょう。
つまり、あなたがぼくに手助けをするべきと思うのは、ぼくのわがままではなく、合理的な判断でしょう。
もちろん、あなたが未だぼくの指導を期待されるポジションじゃなければ、この事は気にしなくて大丈夫です。
しかしそうじゃなければ、あなたの給料は、その知識と、未熟者の育成のためも考えて底上げされていることを、忘れないでください。

そのワードって、ググるべき単語なの?

ぼく(そのワードって、この界隈における共通語なの?)
ぼく(たとえば、この業種・会社・グループ内だけで発達しているワードだったり、別の状況・環境では使い方が異なるワードだったりしないかな?)
ぼく(そのワードを初めて耳にするぼくには、そのあたりがイマイチわからない。)
ぼく(もしそのワードをそのままググるだけで、今必要な知識に辿り着けるなら、話を中断してすぐにでもググりたい。)
ぼく(だけど、共通語なのかどうか、それに後述する2つに該当しないかどうか、話を聞いただけじゃわからないな…。)

ぼく「"○○"って?」

そのワードって、AND検索をする必要があるの?

ぼく(そのワードって、他所でも聞いたことあるけど、今言われているような意味・用途じゃなかった気がする。)
ぼく(もしかしてそれって、他にもいろんな用途があるの?)
ぼく(だとしたら、今回の状況に適切なAND検索のワードってなんだろう?)
ぼく(ていうか、解説が複雑になりそうだから、もしかしてあなたに直接聞かないと、色々紛らわしいんじゃないの?)

ぼく「"○○"って?」

そのワードって、どれが検索ワードとして最適なの?

ぼく(「○○」だとか「□□」だとか、いろんな言い方をしているけど、どれが検索ワードとして最適なの?)
ぼく(もしや、文脈でわかるところを省略していたり、話をわかりやすくするために言い換えてくれてたりするの?)
ぼく(よくわからないから、かいつまんで説明してほしいな。)

ぼく「"○○"って?」

おわりに

ぼくに対して、すぐに聞いてくるなあと、イライラしてしまうのは仕方ない。
だけど、ぼくがなんでそんな質問をするのか、理解して、手助けをしてあげることで、
ぼくのような者(かわいい部下とか、後輩とか)に大人気な、ナイスガイな大人になれると思う。
これからも、がんばろ!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away