Help us understand the problem. What is going on with this article?

PostgreSQLの基本的なコマンド

More than 3 years have passed since last update.

PostgreSQLの基本コマンドをメモ。
参考:ドットインストール
(注:少しずつ追加していきます)

起動

サービスの起動
postgres -D /usr/local/var/postgres

ターミナルを起動

デフォルトのテーブルに接続
psql -d postgres

直接テーブルに接続
psql -d テーブル名

データベース

データベース一覧の表示
\l

データベースの選択
\c データベース名

テーブル

テーブル一覧の表示
\dt;

テーブル構造の表示
\d テーブル名;

テーブル内のデータを一覧
select * from テーブル名;

指定したカラムの内容を小さい順に表示
select * from テーブル名 order by カラム;

指定したカラムの内容を大きい順に表示
select * from テーブル名 order by カラム desc;

表示数指定
select * from テーブル名 limit 数;

表示の開始位置指定
select * from テーブル名 offset 数;

カラム内の任意の文字を表示
select distinct カラム名 from テーブル名;

カラム内の合計値
select sum(カラム名) from テーブル名;

カラム内の最大値
select max(カラム名) from テーブル名;

カラム内の最小値
select min(カラム名) from テーブル名;

カラム内の平均値
select avg(カラム名) from テーブル名;

データの更新
update テーブル名 set 更新内容;

データの削除
delete from テーブル名 where 条件;

テーブルのオーナーの変更
alter table テーブル名 owner to オーナー名;

関数

文字数
select length(カラム名) from テーブル名;

文字列連結
select concat(文字列, 文字列, ...) from テーブル名;

テーブル構造の変更

カラムの追加
alter table テーブル名 add カラム名 データ型;

カラムの削除
alter table テーブル名 drop カラム名;

カラム名の変更
alter table テーブル名 rename カラム名 to 新カラム名;

カラムのデータ型を変更する
alter table テーブル名 alter カラム名 type データ型;

インデックス

インデックス追加
create index インデックス名 on テーブル名(カラム名);

インデックス削除
drop index インデックス名;

view

viewの作成
create view ビュー名 as viewに指定するコマンド;

view一覧の確認
\dv;

viewの使用方法
select * from ビュー名;

viewの削除
drop view ビュー名;

外部ファイルの読み込み

SQL文を外部ファイルに書いて実行する時に使う
\i ファイル名

H-A-L
IT系ベンチャー企業のエンジニアです。 試した事などを、ログとしていろいろ書いて行きます。 すでに沢山記事にされている事も書くと思いますが、試した時に遭遇したエラーや解決した方法などをしっかり残して行きたいと思っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした