Help us understand the problem. What is going on with this article?

M5StickC UiFLOWのブロックプログラミングで倒立振子

image.png

■はじめに

以前 実質500円&100Stepで作る超簡単「 ゆるメカトロ的 M5StickC 倒立振子」 という記事を書きました。この時はArduino IDEでやっていたのですが、今回のはこれをブロックプログラムのUiFLOWに焼き直したものです。

■動画

■車体

車体の構成は何も変更していないので、組み立て方は下記の以前の記事を見て下さい。

実質500円&100Stepで作る超簡単「 ゆるメカトロ的 M5StickC 倒立振子」

■プログラム

UiFLOWのブロックプログラムのシェア方法がわからなかったので、とりあえずGoogle Driveに上げてみました。アクセスできない場合は連絡下さい。
ブロックプログラムを下記からダウンロードして、UiFLOWで読み込んで下さい。
BalanceCar2.m5f

■とりあえずスクショも張っておきます

UiFLOWにatan2のブロックが見当たらなかったので、ちょこっとだけPythonコードはいってます。また、加速度&ジャイロブロックのScale設定が不明だったので、とりあえず±250dpsとして扱いました。
image.png
image.png

■調整方法

本記事冒頭で触れた以前の記事を参考に、ブロック先頭の下記の4つを調整して下さい。
同じ車体なのに、なぜか調整値は大きく異なっています。あいかわらず細かい事は理解できていません。あしからず。
image.png

■最後に

今回衝動的にブロックプログラムでやってみましたが、処理スピードの関係なのかArduino IDE版の方が安定しているという印象です。また、計算が主体なのでブロックよりもコードの方が各段にプログラムしやすいです。でも、処理速度ベンチマーク及びネタとしてやってみたかった。ブロックでも倒立振子できるというのはカルチャーショック(古っ)でした。

iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした