Help us understand the problem. What is going on with this article?

ZenHubにToDo機能が追加

More than 3 years have passed since last update.

https://www.zenhub.io/blog/to-do-productivity-feature/
2015/10/20にZenHubのアップデートがあり、ToDoという機能が追加されました。
本記事では、そのToDoについて解説していきます。

ZenHubについて知りたい方は下記を参照してください。

ToDoとは

img_1.png

個人用のタスク管理を可能にする仕組みです。ToDoは、IssuesとPull Requests(以下PRs)を個人のタスクのように管理できるようにする機能です。
要は、このIssueは今日やる、あのPRsはあとでやる。ということを、GitHub上で、わかりやすく管理できるようになります。

ToDoを使う

ToDoに追加する

img_2.gif

IssueやPRsに稲妻アイコンが追加されています。それをクリックすると、そのIssuesやPRsが自身のToDoのInboxに追加されます。また、ショートカットも設定されており、ToDoに追加または削除をshift + zで、ToDoのページに移動するにはzを押します(ZenHubのZでしょうか......)。

個人的には、追加されたかどうかが微妙にわかりづらいと感じました......

ToDoを確認する

img_3.png

ToDoを確認するには、GitHubの上部にあるツールバーのToDoをクリックします。すると、ToDoのページに遷移し、追加されたIssuesやPRsを見ることができます。

img_4.gif

ToDoの画面では、追加したIssuesやPRsがInboxに入っていることを確認できます。それぞれのIssueをクリックするとそのIssueに遷移します。さらに、ドラッグアンドドロップすることができるので、今日対応するものはTodayに移動する、といった使い方をします。

ToDoの項目を完了する

img_5.gif

それぞれの項目にあるチェックボックスをチェックすると、その項目を完了することができます。完了した項目はRecently Completedで確認できます。

ToDoのリストを作成する

img_6.gif

また、左側の任意の名前のToDoリストを作成(または削除)することができます。Today、Inboxは位置が固定されていますが、自分で作成したToDoリストは上下を入れ替える事ができます。

ToDoを使ってみて

Issuesに付いている稲妻ボタンの見た目のわかりづらさがあるのですが、関わっているリポジトリが多いと、どのIssueから対応していくかの処理順をきめていく必要があります。ZenHubを使っていれば、各リポジトリのBoardsで進捗を管理できますが、あくまでそのリポジトリでの進捗です。そのリポジトリのBoardのPipelineは、プロジェクトメンバーに共有されるものなので、自分の好き勝手にPipelineを追加するわけにもいきません。

しかし、Todoあくまで自分だけのToDoリストです。好きにToDoリストを作って、ToDoを自分のルールで管理できるので、自分の都合がいいように使うことができると感じました。

おまけ

img_7.gif

ToDoが追加されるよりも前だとは思うのですが、Pipelineの幅を変えることができるようになっていました。地味に便利です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away