Edited at

EC-CUBE3開発にお役立ちな感じのものたち【背徳のテスト編】

More than 3 years have passed since last update.


まずはなんといってもテストデータの投入...

しかもデータ投入を管理画面から、「わーこんなんしてるオレってITの人みたい」などと入力に対する喜びなど皆無なので、ここはプログラマの「美学」として、もっと「怠惰」にデータは投入できんといかんだろうと、メンバー様のお知恵を拝借いたしましたところ、「以下で投入できちゃうぜ!!」ってことなので、

これは秘密主義者としては黙ってたい。。。

というのをグッとこらえて公開しちゃいます。


ここから秘密を教えちゃいます


まずは魔法のソースをDL

御三家 ご本家サイト1

ご本家サイト2


以下が該当ソースとメソッドなのでインスタンスしてグリグリする


ご本家サイトのソース1


  • createCustomer : 会員登録

  • createProduct : 商品登録

  • createOrder: 受注登録


ご本家サイトのソース2


  • createCategories : カテゴリ


最後に補足


  • createCategoriesさんでは、引数で「メールアドレス」を渡してやると幸せなようです。

    ※後述の「Faker」さんがやり手らしいので、メールアドレスがなしでも、よしなに行っていただけます。


  • createProductさんでは「名前」と「規格数」を引数で渡せます。

    ※こちらもFaker先生がいらっしゃるので、よしなに行われます。

    ※「規格なし」商品しかつくりたくねーんだよって方は、ソース確認していけるかどうか見てやってくださいm(_ _)m

    そしてもしむりなら直してください。


  • createOrderさんは引数に「会員オブジェクト」を渡せる気配ですが...「Faker」先生にまかせましょう。




参考だよ

「Faker」さんについては以下ご覧ください

Faker@PHPでダミーデータを作る

今後どんどん追記の予定。。。


突然ですが。。GETで登録できる様にControllerを起こしました!!

えーーまあ本当に唐突なんですが、データ大量投入したい事がありまして、

GETで以下投入できます。


  • カスタマーデーター

  • 商品データー

  • 受注データー


使用方法


ファイルの配備

以下からClone

EC3_Vendor_For_Make_Dummies

差分ファイルと「vendor」フォルダをおいとります。

差分ファイルをおいています。

・ src フォルダ: EC-CUBE本体との差分ファイルです

→それぞれのファイルを配置・上書きしてください

・testsフォルダ

→Concreateといながら、Abstractを消しただけのテストデーター作成クラスです。。汗

こちらもコピーください

・vendorフォルダ

こちらは、現在のvendorフォルダとマルっと入れ替えてください

バックアップをすると幸せです

上記必要ありません


使い方

配備が終わったら、以下にアクセス



http(s)://{ドメイン}/{ルートディレクトリ:環境にあわせてね}/makedummy?type={作成したいオブジェクトキー}&unit={作成数:現在の設定で最大100}



・作成オブジェクトには以下が指定できます

c : カスタマー

p : 商品

o : 受注

で。。。finishedが表示されると勝ちです!!


備考

・また修正するか誰かが修正してくれると思いますがOrderは、数の指定が現状では出来ません!!

※cusomer の数だけ作成されます

・作成数の上限を100にしていますが、ソース内定数にきってますので、マシンスペックと相談しながら、設定してください

注.) 那由多、恒河沙などには対応していません

以上れす