C++
Android
Windows
game
ゲーム制作

簡単にAndroid・Windows両方で動くコードを書く

概要

こんにちは、がっちょ( ¨̮ )です。

こちらはC++ (DXライブラリ)を使って、簡単にAndroid・Windows両方で動くコードを書く記事です。
以前、記事を書いた"3時間で作った自作(超クソ)スマホゲーム"はこれを応用してWindowsでもAndroidでも動かせるようにしています。

DXライブラリはこちらからダウンロードできます。
何か不備がありましたら指摘していただければ幸いです。

また、疑問点や質問等がございましたら、この投稿のコメント欄または「がっちょ( ¨̮ ) Twitter」にてお申し付けください。
内容に関する質問、いつでもウェルカムです。

コード

白い円を表示するプログラムです。

Main.cpp
#include "Dxlib.h"

#ifdef __ANDROID__
//Android版のコンパイルだったら android_main
int android_main() 
#else
//Windows版のコンパイルだったら WinMain
int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow) 
#endif
{
    //背景を灰色にする
    if (SetBackgroundColor(127, 127, 127)) return -1; 

    //logの出力を無しにする
    if (SetOutApplicationLogValidFlag(FALSE)) return -1; 

#ifndef __ANDROID__
    // Windows版のコンパイルだったら ChangeWindowMode を実行する
    if (ChangeWindowMode(TRUE)) return -1; 

    //タイトル
    if (SetMainWindowText("Circle")) return -1;
#endif

    //ウィンドウサイズ
    if (SetGraphMode(600, 600, 32)) return -1; 

    //初期化処理
    if (DxLib_Init()) return -1; 

    //処理をここに書く

    //白い円を線画
    DrawCircle(300, 400, 100, GetColor(255, 255, 255), TRUE);

    WaitKey();

    //終了処理
    if (DxLib_End()) return -1;
    return 0;
}

Windows

1513416823507.jpg

Android

andcir2.png

さいごに

両方で動かせるプログラムが作れましたね!
このようなコードを書けば、WindowsとAndroid両方に対応したプログラムを簡単に作ることが出来ます。

DXライブラリの導入方法は、DXライブラリ置き場を参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ソースコードのライセンス

These codes are licensed under CC0.
CC0

ソースコードは自由に使用してください。