Help us understand the problem. What is going on with this article?

👾RPGメイキングツール👾

👾RPGチョットデキタ👾

scrpg.png
RPGを作るツールを作った。

👾謝辞👾

マップタイルは"ぴぽや"様のフリーマップチップを使用させて頂きました。
"ぴぽや"様、本当に良い素材をありがとうございます。

👾動画👾

👾ダウンロード👾

Android
Windows

👾実装ツール👾

ペンツール pen_tool.png

pen.gif

指定したチップを指定したマスに置きます。

消しゴムツール eraser_tool.png

eraser.gif

指定したマスのチップを消します。

塗りツール bucket_tool.png

bucket.gif

指定したマスに置いてあるチップと周辺の同じチップを指定したチップに置き換えます。

スポイトツール pipette_tool.png

pipette.gif

指定したマスに置いてあるチップを登録チップに設定します。

移動ツール move_tool.png

move.gif

マップ移動します。

指定レイヤー表示ツール see_tool.png

layer.gif

指定したレイヤーのみ表示させます。

レイヤー移動ツール layer_tool.png

layer.gif

指定レイヤーを変えます。

元に戻すツール left_tool.png

undo.gif

前回の操作に戻ります。

やり直しツール right_tool.png

redo.gif

戻した操作をキャンセルします。

マップチップ

tile.gif

左上の画面からマップチップを選択できます。

👾実装ライブラリ👾

AsLib

開発言語はC++です。

👾セーブデータ👾

ロード関数
paint_main_map.readCSV();
セーブ関数
paint_main_map.writeCSV();

CSVからマップ情報を取り出し、または保存します。
マップデータは自動保存されます。

定期的にバックアップデータが保存され、
メインのマップデータが壊れた時は
バックアップデータを読み込ます。

セーブデータ(csv)
asrpg_map_main_X.csv
バックアップデータ(csv)
asrpg_map_backup_main_X.csv

セーブデータです。
Xの部分はレイヤー番号が入ります。
Excelかなんかで中身を見ることが出来ます。

マップ読み込みデータ
map_tile.csv

マップとして読み込むファイルの画像ファイル名を入れます。
ここを編集すると好きなマップチップを使用することが出来ます。

👾ソースコードのライセンス👾

These codes are licensed under CC0.
CC0

当プログラムの私が記述したソースコードはCC0ライセンスです。
その他外部のライブラリや画像を使用する場合は各素材ごとのライセンスに従ってください。
ぜひ、自由に改変して遊んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした