GitHub

GItHub DesktopをWindowsにインストール(2018年)

GitHub DesktopをWindows環境にインストールしたのでその手順です。今までは、単純にGitHubからリポジトリをzipでダウンロードして使っていたのですが、特定のbranchが欲しい、差分管理をしたいなどとGit clientが欲しく、GitHub Desktopを使い始めました。Sourcetreeにしようかとも思ったのですが、Sourcetreeアカウント登録に抵抗感を感じてGitHub Desktopを選択しました。この分野に詳しくないので、その選択が正しいかは自身がないです。

環境

種類 バージョン 内容
OS Windows8 64bit 自宅環境なのでProfessionalでもないです
GitHub Desktop 1.1.1 2018年3月末にリリースされた版

手順

1. セットアップファイルダウンロード

公式ダウンロードサイトから「Download for Windows」をクリックしてダウンロードします。
10.DownloadGitHubDesktop01.JPG

2. GitHub Desktopインストール

インストールファイルを起動。GitHubのアカウント持っているのでサインインします。
20.InstallGitHubClient01.JPG

認証情報を入力。
20.InstallGitHubClient02.JPG

入力されていた値のまま続行。
20.InstallGitHubClient03.JPG

終了です。インストールは非常に簡単です。
20.InstallGitHubClient04.JPG

3. Cloneで確認

GithubからリポジトリをクローンしてGitHub Desktopの動作確認をします。

例としてTensorFlowのModelをダウンロードします。ブラウザでTensorFlowのModelのGitHubページに行き、URLをクリップボードにコピーします(少し重いリポジトリなので、テスト用にはもっと軽いやつをお勧めします)。
30.CloneRepository01.JPG

GitHub DesktopのメニューからFile -> Clone repository を選択して「URL」タブで
コピーしたURLを張り付けて「Clone」を押します。あとはエラーがなければOKです。
30.CloneRepository02.JPG