Help us understand the problem. What is going on with this article?

Lubuntu 19.04 インストール設定 (4) 色々なアプリ

はじめに

Lubuntu 19.04 をインストール。その後に行った色々な設定を備忘録として書いています。
今回は、「色々なアプリをインストール」です。

画像編集アプリをインストール

画像編集で、簡単に操作できそうなアプリを選んでみました。

Web にアップする画像を、トリミング、リサイズ、容量の圧縮、などが簡単に出来るかを試しました。

ネットで重くならないように、個人的な目標は、幅600 px 前後、ファイルサイズ80KB 以下にしてます。

Discover にて、インストール


Pinta

→画像編集ソフト:

  • 簡単操作
  • 日本語化されています。
  • ヘルプで「lanchpad の翻訳サイト」に飛びます。すぐに翻訳に貢献できる仕組みは画期的です。
  • ヘルプで「lanchpad のpinta のバグ報告のサイト」に飛びます。今回はこれが役に立ちました。

  • ベクター系の機能を抜いたPhoshop みたいな操作系です。

  • レイヤーが使えます。

  • 操作履歴で、どこまで戻すとか指定できます。


  • 画像の一部が欲しいときのトリミング(クロップ)が簡単です。

クロップ操作例:

左の四角形選択ボタン→+のカーソルで範囲を囲みます→上のツールバーの「選択範囲のクロップ」→切り抜かれてそれだけの画面になります。→別名保存 (png)


  • ファイル→新規スクリーンショット で、タイマー付きの全画面のスクリーンショットが自分で撮れます。

すぐに編集画面になり、クロップのカーソルになっているので、囲むと、切り抜かれてそれだけの画面になります。→別名保存。


Pinta にて不具合報告

自分の環境ではPinta は不安定でした。時々、起動しないとか、急に窓が閉じたりとかありました。

  • 再現する手順を不具合報告(ヘルプ→バグの報告)しました。

その現象は画像を読み込んで終了させると、アプリは正常終了したように見えて、実はクラッシュしていました。端末から起動して、確実に再現することを確認。

すでに同じ内容の不具合が報告されていたので、重複を避けるため、launchpad にログイン後、表題の上にある「影響のあるユーザ」に、Yes。一番下にある「Add comment」で追記しました。

Pinta >Bugs >「Invalid pointer」
Bug #1836466 reported by Michael Hooker on 2019-07-14

ちなみに、下記のようなファイルがあるなら、その時刻に使っていたアプリに異常があると思われます。
~/mono_crash.d4716fb0.0.json 2019/09/17 17:19


KolourPaint

→画像編集ソフト:

KolourPaint.jpeg

  • KDE 版のペイントです。
  • 日本語化されています。
  • 軽くて安定しているので、Web 加工にはメインで使用。

  • 画像を右クリック→アプリケーションで開く→KolourPaint 、という使い方が多いです。


操作例: スクリーンショットのpng 画像をWeb にアップできるように変換

1. フルで使う画像以外は、余白を極力除くため切り抜いています。

png 画像を右クリックでKolourPaint で開いて表示させます。

左の「選択(長方形)」ボタン→無駄な余白を除くように囲います。失敗したら「戻す」ボタン。

編集→コピー、編集→「新しいウィンドウに貼り付け」→別のウィンドウで開かれます。

2. リサイズします。

  • フル(FHD) の場合:
    png 画像(1MB)をリサイズ(幅: 1920→ 600 px)します。
    画像 →サイズ変更 →滑らかな拡大・縮小 →「幅: 1920 →600 px」、アスペクト比を保つ →OK (⇒174KB)

  • 切り抜いた画像の場合:
    リサイズするときの幅の調整が難しいです。統一感を出すために、フルのときの31.25%が目安、これ以上の値になると思います。

3. さらに圧縮するため、ファイル種別をjpg に変えて保存します。
ファイル →エクスポート →「jpg」、「画質: 95」→OK (⇒37KB)

→画像としては、全体の雰囲気はわかるけど、拡大して見るには耐えない画質でした。

部分的に切り抜いて拡大した別画像などを付け加える、などの工夫が必要です。

リサイズを幅600 px で、画質100 にすると、 ⇒70KB
リサイズを幅600 px で、画質 95 にすると、 ⇒37KB
リサイズを幅500 px で、画質 75 にすると、 ⇒10KB

→jpeg にすると、画質 75 が最初選ばれる(以前使った値?)ので、レビューで粗いと感じたら上げればいいかな。

  • レビューで簡単に画質とか大きさを確認できるのは便利。OK なら保存。そして、ファイルサイズを確認。

↓例. 最終画像: screen-panel-Left.jpeg(サイズ:2.1KB)

screen-panel-Left.jpeg


Krita

→画像編集ソフト:

Krita.jpeg

  • 高機能版
  • 惜しいかな日本語化されていません。この品質なら翻訳で貢献したくなります。苦労が報われそう。
  • 起動が遅いので普段使いはしてません。

ドキュメントビュワーをインストール

Okular

→KDE 版の多機能のドキュメントビュワーです。

L1904-Okuar-600-j75.jpeg

  • 日本語化されています。

  • 色々なフォーマット形式をサポートしていて、標準で多くのプラグインが組み込まれています。

  • 最近開いたファイルを記憶しています。

  • Markdown ファイル(.md) を開くと、PDF ビュワーでPDF を見ているイメージで確認できます。→すごい!

  • Okular でMarkdown ファイル(.md) をまず開いておいて、テキストエディタで編集しながら 上書き保存(Ctrl+S) すれば、Okular では、F5(再読込)を押さなくても反映されます。


qpdfview(プリインストール済)

→Qt 版の多機能のドキュメントビュワーです。

Qpdfview.jpeg

  • 日本語化されてません。

  • 個人的に気に入っているのは、「表紙付き見開き」が出来て、読み取り方向が指定できること。

→「自炊本の閲覧」に、good
→見開きは出来ても、右とじで表紙付きの機能は、なかなか見当たりません。


テキストエディタ をインストール

gedit

  • インストール済み。
  • タイトルバーが斬新で他のアプリとは違います。

詳細は、Lubuntu 19.04 インストール設定 (1) gedit の投稿記事を参照。


geany

Geany.jpeg

Geany について

  • 日本語化されています。
  • Puppy Linux (メモリ上で動作)では標準のテキストエディタです。ゆえに軽いです。

  • 本来は、IDE (プログラム開発環境)なので多機能。メニューへの登録は、開発とか、プログラムになるので注意。

  • 左の表示エリア(サイドバー)と下の表示エリア(メッセージウィンドウ)を非表示にすれば、テキストエディタと変わりません。違和感なく使えます。

  • 保存してから、タブを閉じずに終了させれば、次回の起動時に、編集していたタブ(ファイル)を再度開いてくれます。

→ファイル名を記憶してくれるエディタは多いですが、開いてくれるエディタは珍しいです。それが利点。

→毎日更新するファイルを書くときに便利です。

Lubuntu 19.10(開発版)ではサスペンド復帰後に怪しい動きが見られました。開発版はシステムが不安定なのは当たり前なので、Lubuntu 19.04 では安定しているか、検証中です。(バージョン: 1.34.1-1)


テキストエディタ Featherpad のTips を紹介

Lubuntu (LXQt) でプリインストールの「Featherpad」において、気が付いた、Tips を紹介します。

見やすい設定

featherpad は黒に設定すると空白(半角スペース)やTab が見やすくなります。

L1904-1-Featherpad.jpeg

テキストエディタ用にフォントをインストール

$ sudo apt update
$ sudo apt install fonts-migmix

featherpad のフォントを「Migu 1M、Regular、12」に変更しました。
→Monospace よりも細字で、字間と行間が狭く、「ぱぴぷぺぽ」と「ばびぶべぼ」がわかりやすい等幅フォントです。

L1904-1-fonts-Migu1M.jpeg

Lubuntu 19.04 インストール設定 (1) の投稿記事を参照。

ファイル履歴が消えない時:

ファイル履歴を消したい時、ファイル→最近変更されたファイル→クリア としますが、アプリを再起動しても消えていないときがあります。もしくは、設定を変更しても、設定が元に戻っているとか…。

  1. featherpad を起動していたら、保存して閉じます。
  2. ~/.config/featherpad/ にあるfp.conf(設定ファイル)の名前をfp.conf-old などに変更します。
    設定が出荷時に戻るので注意。ファイル履歴(書き込んだ履歴)等が必要でなければ、fp.conf を削除。

  3. featherpad を起動して、設定をやり直します。

  4. featherpad を閉じて、ファイル履歴などがほしいなら、(出来たら)違うエディタで、fp.conf-old から拝借します。
    こういうときがあるので、違うエディタ(自分は gedit)をインストールしておくと便利です。自分で自分を修正するのは避けたいです。

8行目:
dateFormat=yyyy-MM-dd hh:mm

11行目:
font="Migu 1M,12,-1,5,50,0,0,0,0,0,Regular"

19行目:(例)
recentFiles=/home/ubn/\x30c9\x30ad\x30e5\x30e1\x30f3\x30c8/2019-09-14-Lubuntu-19-04-Tips-03-\x6295\x7a3f.md

もしくは、ファイル履歴だけクリア出来ないのであれば、
recentFiles=
だけの行にするのも手です。


ヘルプファイルを活用

アプリにあるヘルプは、XML やHTML ファイルになっていたりしますが、featherpad はシステム内に置かれた、シンプルなテキストファイルです。

青い背景で「書き込み保護されたテキストファイル」として「** ヘルプ **」タブで開きます。


  • 場所と名前:

/usr/share/featherpad/help
→英語環境もしくは、help_ja_JP がないときに使われるヘルプ

/usr/share/featherpad/help_ja_JP
→日本語環境のときに使われるヘルプ

システム内なので管理者権限で開かないと書き込みは出来ません。


  • 管理者権限で開けば、編集が出来ます。

$ sudo featherpad /usr/share/featherpad/help_ja_JP
→残念ながら、日本語入力できないので、貼り付けます。

個人的には、ヘルプファイルは残して、その先頭に、「自分のエリア」を追加(貼り付け)して保存しています。

  • Ctrl + H (または、ヘルプ→ヘルプ)ですぐに開きます。

  • 端末や他のファイルに貼り付けるのに使ったり、ちょっとした覚書などに便利です。

例: ヘルプファイルの先頭(追加分)

**************************************
*   個人的な備忘録                   *
**************************************

* ヘルプファイルの修正:
$ sudo featherpad /usr/share/featherpad/help_ja_JP

* ファイル履歴が消えない時:
~/.config/featherpad/fp.conf を削除か、リネーム

↓これ以降は、今までのヘルプファイルの内容を残してます。

↓実際の画面:
(書き込み保護された画面です)

featherpad-help.jpeg

あとがき

Lubuntu 19.04 は、LXQt 環境だからか、Qt とかKDE 系のアプリは安定している印象です。

KolourPaint を知ったことで、Web にアップする画像が簡単に作成できます。おかげで、Qiita の投稿もだいぶ見やすくなったのではと思います。アプリの開発者に感謝。


(次の投稿に続く)
投稿一覧

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away