Python
Evernote
Python3

PythonからEvernoteにアクセスする下準備(その1)

Evernote上の情報をPythonから参照する個人的ツールが欲しいのでその下準備方法をメモしておく。

環境

Windows10
Python 3.6
PyCharm 2017.3

EvernoteのSandbox環境でユーザーを作成

https://sandbox.evernote.com/ にアクセスしてアカウントを作成

開発用トークンの取得

Sandbox環境にログインした状態で下記URLへアクセスして開発用トークンを発行し、下記2つをメモしておく。

https://sandbox.evernote.com/api/DeveloperToken.action

  • Developer Token
  • NoteStore URL:

EvernoteのSDKをインストール

  • PyCharmでSDKのパッケージをインストール
    • File -> Default Settingを選択
    • 左側メニューのProject Interpreter を選択
    • 右側の"+"マークをクリック
    • "evernote"で検索してインストールしているPythonのバージョンのSDKをインストール

githubから動作確認用サンプルのpythonファイルを取得

authToken = "your developer token"

PyCharm上でEDAMTest.pyを実行

https://sandbox.evernote.com/shard/s1/notestore
Found  2  notebooks:
  *  <Inbox>
  *  プロジェクトその1

のようにSandbox上のノートブック一覧が取得出来ている。