Edited at

Python3.6.0をUbuntu16.04に導入する。

More than 1 year has passed since last update.


初期セットアップ。

sudo apt-get update

# gitが無い場合は
sudo apt-get install git

# Pythonのビルドに必要なライブラリをインストールする。
sudo apt-get install build-essential libncursesw5-dev libgdbm-dev libc6-dev zlib1g-dev libsqlite3-dev tk-dev libssl-dev openssl libbz2-dev libreadline-dev


pyenvをセットアップする。


pyenvはPythonのバージョン管理を行なうコマンドラインツールで、複数のバージョンのPythonのインストールや切り替えを容易に行うことができます。pyenvを利用すれば、既存のPythonの環境をいじることなく色んなバージョンのPythonを同居させることが可能です。


以下のコマンドを実行して下さい。

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
source ~/.profile


Python3.6.0をインストールする。

pyenv install 3.6.0

この状態ではまだデフォルトは2.x系なので、導入した3.6.0をglobalとして設定を反映させます。

pyenv global 3.6.0

# version確認
python -V
Python 3.6.0

以上です。

お疲れ様でした。


参考資料