はじめてのLaravelアプリケーションを構築する為のStep by Step Guide

この記事は Step by Step Guide to Building Your First Laravel Applicationを翻訳したチュートリアル記事です。日本語の翻訳ならびに、記事の公開、コードの引用は製作者であるEric L. Barnes氏に既に許可を取ってあります。

Thank you for making great tutorial articles!



Since its initial release in 2011, Laravel has experienced exponential growth. In 2015, it became the most starred PHP framework on GitHub and rose to the go-to framework for people all over the world.

2011年の最初のリリース以来、Laravelは急激な成長を経験してきました。 2015年には、LaravelはGithubでもっとも花形のPHPフレームワークになり、世界中の人々のための頼りになるフレームワークになるまで出世しました。

Laravel focuses on you, the end user, first which means its focus is on simplicity, clarity, and getting work done. People and companies are using it to build everything from simple hobby projects all the way to Fortune 500 companies.


※フォーチュン500(Fortune 500)は、アメリカ合衆国のフォーチュン誌が年1回編集・発行するリストの1つで、全米上位500社がその総収入に基づきランキングされる企業が記載されています。

My goal with this is to create a guide for those just learning the framework. This guide will take you from the very beginning of an idea into a real deployable application.


This look at Laravel will not be exhaustive, covering every detail of the framework, and it does expect a few prerequisites. Here is what you will need to follow along:


  • ローカルPHP環境(Valet, Homestead, Vagrant, MAMP, etc.)。
  • データベース。私はMySQLを使用します。
  • PHPUnitがインストールされている。
  • ノードがインストールされている。

Note: For the local PHP environment I am using a Mac and like to use Valet because it automatically sets up everything. If you are on Windows, you should consider Homestead or some flavor of a virtual machine.


I am attempting to go through the process of creating a new application just as I would in a real world environment. In fact, the code and idea are taken from a project I built.



Every project has to start from somewhere, either assigned to you by your work or just an idea in your head. No matter where it originates, thoroughly planning out all the features before you start coding is paramount in completing a project.


How you plan is dependent on how your mind works. As a visual person, I like to plan on paper, drawing out the way I picture the screens looking and then working backward into how I’d code it out. Others prefer to write a project plan in a text file, wiki, or some mind mapping tool. It doesn’t matter how you plan, just that you do it.

どのように計画するかは、あなたの心がどのように働くか次第です。目で見る方が早い私は紙の上に計画を立て、スクリーンを描き、それを裏側で動作するようにコードに落としこんでいきます。 他の人は、テキストファイルやwiki、もしくはマインド・マッピング・ツールなどに書き込むことを好みます。 しかし計画する方法など問題ではありません。

For this guide, we are going to be building a link directory. Here is a list of basic goals for this links app:

このガイドでは、リンクディレクトリを構築する予定です。 このリンクアプリの基本的な目標リストは次のとおりです:

  • 1.簡単なリンクリストを表示します。
  • 2.新しいリンクを提出できるフォームを作成します。
  • 3.フォームを検証する
  • 4.データをデータベースに保存します。


With a simple plan of attack outlined, it’s time to get a brand new empty project up and running. I like to put all my projects in a ~/Sites directory, and these instructions will use that location. I’ve already “parked” this directory in Valet, so any folders will automatically be mapped to “foldername.dev” in the browser.

シンプルな計画をざっくり書くと、空のプロジェクトを使ってそこで始めてみましょう。 私はすべてのプロジェクトを〜/ Sitesディレクトリに入れたいと思っており、チュートリアルでこの場所を使用します。 私は既にこのディレクトリをValetに "展開"しているので、どのフォルダもブラウザの "foldername.dev"に自動的にマップされます。

Open your terminal application and switch into this directory.


cd ~/Sites

Next, install Laravel’s command line installer:


composer global require "laravel/installer"

Once that finishes you can create the project by running:


laravel new links

This will create a new directory named “links” and install an empty Laravel project. Visiting “links.dev” in the browser now shows the default Laravel welcome page:

これにより、 "links"という名前の新しいディレクトリが作成され、空のLaravelプロジェクトがインストールされます。 ブラウザーの "links.dev"を訪れると、デフォルトのLaravelのwelcomeページが表示されます:


Now scaffold out the authentication system by running


php artisan make:auth

Even though this tutorial will not dive into authentication by running this command, it will modify our views and routes. So by doing it early, we don’t have to worry about it messing with any of our code.


With the basics setup and working it’s time to start doing some coding.



If you start thinking about the whole finished project, it’s easy to get overwhelmed. The best way to fight this is to break everything down into small tasks. So, let’s start with showing a list of links.

完成したプロジェクト全体について考え始めるなら、圧倒されるのは当然です。 これと戦う最善の方法は、すべて小さな仕事に分割することです。 まずはリンクのリストを表示することから始めましょう。

Even though showing a list of links sounds like a small task it still requires a database, a database table, data in the table, a database query, and a view file.


Creating a migration will be the first step, and the Laravel Artisan command line tool can help us create that.

マイグレーションファイルを作成することが最初のステップとなり、Laravel Artisanコマンドラインツールがその作成に役立ちます。

php artisan make:migration create_links_table --create=links

Now, open the file this command created. It will be located at database/migrations/{{datetime}}create_linkstable.php

次にこのコマンドで作成したファイルを開きます。 ファイルはdatabase / migrations / {{datetime}} _ create_links_table.phpにあります。

Inside the up method add our new columns:


Schema::create('links', function (Blueprint $table) {

Save the file and run the migration:


Now we need to enter some data and Laravel provides two features that help with this. The first is database seeds and model factories. But before we can use those we will need a model which can be generated like this:

ここでいくつかのテストデータを入力する必要があり、Laravelはこれを助ける2つの機能を提供します。 データベースシードとモデルファクトリです。 しかし、それらを使用する前に、次のように生成できるモデルが必要になります。

php artisan make:model Link

Open the ModelFactory.php file and let’s add one for the links table:


$factory->define(App\Link::class, function (Faker\Generator $faker) {
    return [
        'title' => $faker->name,
        'url' => $faker->url,
        'description' => $faker->paragraph,

Next, create the link seeder, so we can easily add demo data to the table:

次に、テストデータをテーブルに簡単に追加できるようにlink seederを作成します。

php artisan make:seeder LinksTableSeeder

Open the LinksTableSeeder.php file that was just created, and in the run method we will utilize the links model factory we created above:


public function run()
    factory(App\Link::class, 10)->create();

Open the DatabaseSeeder.php and add this to the run method:



You can now run the migrations and seeds to automatically add data to the table:


php artisan migrate --seed


To build out a view showing the list of links first open the routes/web.php file and you should see the default route below:

リンクのリストを表示するビューを構築するには、最初にroutes / web.phpファイルを開き、以下のデフォルトルートが表示されるはずです:

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');

Laravel provides us two options at this point. We can either add our code additions directly to the route closure, where the “return view..” is, or we can move the code to a controller. For simplicity let’s add our needed code to fetch the links directory in the closure.

この時点で、Laravelは2つのオプションを提供します。 "return view.."と言う処理をroute closure内に直接追加することができ、またはこの処理をコントローラーに移動する事もできます。 簡単にするために、closure内のリンクディレクトリを取得するためのコードを追加してみましょう。

Route::get('/', function () {
    $links = \App\Link::all();
    return view('welcome', ['links' => $links]);

Next, edit the welcome.blade.php file and add a simple foreach to show all the links:


@foreach ($links as $link) 
  <li>{{ $link->title }}</li>

If you refresh your browser, you should now see the list of all the links added. With that all set, let’s move to submitting links.

ブラウザを更新すると、追加されたすべてのリンクのリストが表示されます。 準備が整ったので、リンクを追加するフォームを加えてみましょう。



The next major feature is the ability for others to submit links into the app. This will require three fields: title, URL, and a description.

次の実装する大きな機能は、フォームからリンクをアプリに追加できるようにする事です。 これには、タイトル、URL、説明の3つのフィールドが必要です。

I am a visual person and before planning out features that will require HTML I like to draw them out so I can get an idea of what I’m building in my head. Here is a simple drawing of this form:

私は先程も述べたように目で見て覚えるタイプなので、HTMLを必要とする機能を計画する前に絵を書いて頭の中で何を構築しているのかを引き出す事が好きです。 以下はこのフォームの簡単な図です:



Since we’ve added all the core structure, model factory, migration, and model, in the last section, we can reap the benefits by reusing all those for this section.


First, create a new route in the routes/web.php file:

まず、routes / web.phpファイルに新しいルーティングを作成します。

 Route::get('/submit', function () {
    return view('submit');

We will also need this view file so we can go ahead and create it at resources/views/submit.blade.php and add the following boilerplate bootstrap code:

投稿する為のビューファイルも必要ですので、resources / views / submit.blade.phpに作成し、いつものBootstrapコードを追加してください

    <div class="container">
        <div class="row">
            <h1>Submit a link</h1>
            <form action="/submit" method="post">
                {!! csrf_field() !!}
                <div class="form-group">
                    <label for="title">Title</label>
                    <input type="text" class="form-control" id="title" name="title" placeholder="Title">
                <div class="form-group">
                <label for="url">Url</label>
                    <input type="text" class="form-control" id="url" name="url" placeholder="URL">
                <div class="form-group">
                    <label for="description">Description</label>
                    <textarea class="form-control" id="description" name="description" placeholder="description"></textarea>
                <button type="submit" class="btn btn-default">Submit</button>


Now, let’s create a route to handle the POST data and do our validation. Let’s create that route and add our validation rules in

次に、POSTデータを処理し、検証を行うルートを作成しましょう。 そのルートを作成してバリデーションルールを追加しましょう:

 use Illuminate\Http\Request;

 Route::post('/submit', function(Request $request) {
    $validator = Validator::make($request->all(), [
        'title' => 'required|max:255',
        'url' => 'required|max:255',
        'description' => 'required|max:255',
    if ($validator->fails()) {
        return back()
    $link = new \App\Link;
    $link->title = $request->title;
    $link->url = $request->url;
    $link->description = $request->description;
    return redirect('/');

This route is a little more complex than the others. First, we are injecting the Illuminate\Http\Request which will hold all of the POST data. Then, we create a new Validator instance with our rules. If this validation fails, it returns the user back with the original input data and with the validator errors.

このルートは、他のルートより少し複雑です。 まず、すべてのPOSTデータを保持するIlluminate \ Http \ Requestを注入します。 次に、新しいValidatorインスタンスを作成します。 この検証に失敗すると、元の入力データとバリデーターエラーをユーザーに返します。

Finally, if everything passed validation, we use the “App::Link” model to add the data.

最後に、すべてが検証に合格した場合、"App :: Link"モデルを使用してデータを追加します。


Congratulations on making it through the tutorial. This guide was designed to get you started on building your app, and you can use this as a building block to you gain the skills you need to build your application. I know this covers a lot of features and can be overwhelming if you are not familiar with the framework.

チュートリアルを完了したことを祝福します。 このガイドは、アプリケーションの構築を開始するためのもので、これを最初の土台として使用することで、アプリケーションを構築するために必要なスキルを身に付けることができます。 私はこのチュートリアルに多くの機能をカバーしており、フレームワークに精通していないと圧倒されてしまう事を知っています。

I hope this introduction to Laravel shows you why so many people are excited about the framework.


Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.