Edited at

SSHキーの作成

More than 1 year has passed since last update.


ローカルでSSH鍵を作成する

SSHでGitHubややBitbucketのリポジトリにアクセスするときにSSHの鍵認証をするために、SSHキーのローカルマシンでの生成の仕方。

リモートリポジトリをローカルにクローンするときはgit cloneしようとすると

Warning: Permanently added 'bitbucket.org,xxx.xxx.xxx.x' (RSA) to the list of known hosts.

Permission denied (publickey).

fatal: Could not read from remote repository.

みたいなが出てしまうときは鍵が、登録されているか確認してみましょう。

SSHキーの作成

$ ssh-keygen

鍵はデフォルトだとid_rsaとid_rsa.pubという名前でペアで、/Users/Username/.ssh/(Macの場合)に作成されます。この場合id_rsaの方が秘密鍵でid_rsa.pugが公開鍵です。秘密鍵は他人に見せてはいけません。

鍵の生成が始まる

Generating public/private rsa key pair.

Enter file in which to save the key (/Users/username/.ssh/id_rsa): XXXXX


鍵の名前を指定する場合はXXXXXとしているところに任意の名前を入力してリターンキーを押す。

続いてパスフレーズを入力(必要なければそのままリターンキーを押す)

Enter passphrase (empty for no passphrase):

こちらは忘れてしまうとアクセスできなくなるようです。

ホスティングサービスのアカウントの設定画面にSSHを追加するメニューがあるので、id_rsa.pubの内容をペーストして登録します。Bitbucketだとこんな感じです。

再度git cloneしてみると鍵が登録されていれば今度はcloneできるはずです。