server
Network
AWS
勉強メモ
個人的なメモ

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバ構築のまとめ Chapter1

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバ構築の個人的な学習記録として、この記事を書いています。問題があるようでしたら消します。


1-1 ネットワークとサーバーの知識を付けておくメリット


  • 障害が起きた時に、どこで起きてるのか分かる

  • 一人で色々できるようになる


1-2, 1-3 ネットワークとサーバーについて


サーバー

サーバーには用途別で色々種類がある。「Webサーバー」、「メールサーバー」、「データベースサーバー」などなど。その用途に合わせて、OSからソフトウェアをインストールする必要がある。


  • WEBサーバー


    • Apache

    • nginx



  • データベースサーバー


    • MySQL

    • PostgreSQL



  • メールサーバー


    • Sendmail

    • Postfix




ネットワーク


用語


  • TCP/IP:インターネットと接続する為のプロトコル。

  • IPアドレス:サーバーに振り当てるピリオドで区切られた4つの数字で住所と同じ役割。重複することはない。

  • DNSサーバー:ドメイン名とIPアドレスを関連付けてくれるサーバー。


公開されたネットワークと隠されたネットワーク

「パプリックサブネット」と呼ばれる公開されたネットワークと「プライベートネットワーク」と呼ばれるインターネットに直接接続しないネットワークがある。前者には見てもらう為のWebサーバー、後者には見られたくないDBサーバーを置く。


NAT

隠しておきたいけど、DBサーバーとやり取りする為にはインターネットと接続する必要がある。そんな時にNATを使うと、片方だけの接続ができるようになり、外から見られないで済む。


1-4 AWS

こいつのおかげで、物理的にサーバーとかルーターを用意しなくてもネットワーク、サーバーが構築できる。


ネットワークとVPC

VPC = ネットワークの領域

EC2 = サーバー

サーバー1つをインスタンスと呼ぶ。


感想

1章を読んでみた感じ、ネットワークとサーバー、AWSを全く知らない人向けって感じでしたね。個人的には良い復習になった章でした。

Chapter2