PHP
CMS
SNS
oxwall

oxwallというCMSを使ってSNSを秒で作る

概要

oxwallというCMSを使うと、SNSサービスを秒で作ることができます。
oxwallとは、SNSに必要な機能が一通り用意されているPHP製のCMSです。
ちなみに、日本語言語パックはないので、自分でカスタマイズする必要があります。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.04.08.png

環境

  • CentOS 7.2
  • PHP 7.0.27
  • Apache 2.4.6
  • Mysql 5.6.38
  • oxwall-1.8.4.1

構成

項目
DocumentRoot /var/www/html/oxwall/public/
DB User oxwall
DB Name oxwall_db

PHP, Mysql, Apacheのインストール

以下を参考にインストールしておいてください。

また、MysqlのDBとUserを、以下のように作成してください。

mysql> create database `oxwall_db` CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
mysql> GRANT ALL ON oxwall_db.* TO oxwall@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

PHP Extensionのインストール

zipとmysqlをインストールします。

zip

$ sudo yum -y --enablerepo=remi,remi-php70 install php-pecl-zip

mysql

$ sudo yum -y --enablerepo=remi,remi-php70 install php-pecl-mysql

インストール後、apacheを再起動します。

$ sudo apachectl restart

oxwallのインストール

oxwallのダウンロードページ
https://developers.oxwall.com/download

ダウンロードしたら、DocumentRootに展開してください。

$ cd /var/www/html/oxwall/public/
$ curl -k -L -O https://developers.oxwall.com/dl/oxwall-1.8.4.1.zip
$ unzip oxwall-1.8.4.1.zip
$ rm -f oxwall-1.8.4.1.zip

初期設定

ブラウザからTOPページへアクセスしてください。
http://192.168.33.10/

すると、以下のようなページが表示されます。

もし、必要なモジュールなどが不足してる場合は違うページが表示されるので、書いてある内容に合わせて対応してください。

まず、サイトの情報と、サイト管理者のアカウント作成を行います。

Screen Shot 2018-01-06 at 11.34.09.png

name desc
Title サイト名
Tagline サイトの説明を1行で
URL サイトのURL
Root directory 公開ディレクトリのパス
Email サイト管理者のEmail
Username サイト管理者のusername
Password サイト管理者のpassword

入力したら、 CONTINUE をクリックしてください。

Database情報の設定

次に、データベース情報の設定を行います。

Screen Shot 2018-01-06 at 11.45.48.png

name desc
Host DBのhostname
User DBの一般ユーザー
Password DBの一般ユーザーのパスワード
Database Name DB名
Table prefix テーブル名に付くprefix

入力したら、 CONTINUE をクリックしてください。

config.phpの書き換え

ow_includes/config.phpを、表示された内容に書き換えてください。

Screen Shot 2018-01-06 at 11.52.00.png

$ vi /var/www/html/oxwall/public/ow_includes/config.php

ow_installディレクトリの削除

セキュリティの観点から、ow_install ディレクトリを削除しろと言われるので消してください。

Screen Shot 2018-01-06 at 11.59.41.png

$ rm -rf /var/www/html/oxwall/public/ow_install/

削除したらページをリロードしてください。

これでインストール完了です!

Screen Shot 2018-01-06 at 12.01.44.png

main page をクリックするとサービスページへ、
admin area をクリックすると管理画面へ飛びます。

ますは、 admin area へ行き、初期設定をします。

admin area

admin area をクリックすると、以下のような管理画面へ飛びます。
まずは、色々設定を変更します。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.05.12.png

Timezoneの変更

左メニュー SETTINGS -> Generalで、Timezoneや通貨表示などの設定を日本に変更します。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.09.58.png

設定を変更したら、右下の SAVE をクリックして保存します。

ユーザー表示名を本名にしたくない場合

サービスページで表示される、各ユーザーの名前を本名にしたくない場合は、以下の設定を行います。

左メニュー -> SETTINGS -> User Settings

Show profile name as:Username に変更します

Screen Shot 2018-01-06 at 12.20.39.png

設定を変更したら、右下の SAVE をクリックして保存します

closedなSNSにする場合

サインインしないと閲覧できないようにする場合は、
左メニュー -> SETTINGS -> User Settings で、closedなSNSにすることができます

Privacy -> Guests can view the siteNo にします。

Screen Shot 2018-01-06 at 14.31.05.png

設定を変更したら、右下の SAVE をクリックして保存します

Plugins

デフォルトではコミュニティを作成する機能がないため、 Groups というプラグインをインストールして、作成できるようにします。

左メニュー -> PLUGINS -> Available Plugins

Screen Shot 2018-01-06 at 12.27.40.png

Groups にオンマウスして、右の方にある INSATLL をクリックします

Screen Shot 2018-01-06 at 12.29.01.png

プラグインの設定をする場合、 左メニュー -> PLUGINS -> Installed Plugins をクリックします。

Groups にオンマウスして、 SETTINGS をクリックすると、Pluginの詳細設定をすることができます。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.31.18.png

これでadminの最低限の設定は完了です。

main page

main page をクリックすると、以下のようなサービスページに飛びます。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.02.57.png

そうしたら管理者のプロフィールを入力してください。

すると、以下のようなページに飛び、利用開始できるようになります。

Screen Shot 2018-01-06 at 12.04.08.png

日本語化する場合

以下の場所に、言語ファイルがあります。
ow_pluginfiles/base/

デフォルトでは、lang_1.phpが使われているので、これを修正するか、新たに日本語ファイルを作成して、読み込ませる必要があります。

参考