Help us understand the problem. What is going on with this article?

A5:SQL Mk-2を使ってDB定義書を自動生成

More than 3 years have passed since last update.

概要

DB定義書を自動で作ってくれる、「A5:SQL Mk-2」というツールの使い方です。
出力方式は、ExcelかHTMLのどちらかを選択できます。
MySQL、PostgreSQL、Oracleなど、さまざまな環境で利用できます。
また、SSHトンネルでDBに接続することもできます。
非常に便利で簡単に使えるツールです。

動作環境

Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
Windows Server 2003, Windows Server 2008, Windows Server 2012

ダウンロード

http://a5m2.mmatsubara.com/
ここからダウンロードします。
ページ下部から、ご自分の環境にあったものをダウンロードしてください。

e86c7282ec3a80dab84a28d8f9827819.png

ZIPファイルがダウンロードされるので、解凍して、適切な場所へ設置してください。

起動

解凍したら、ディレクトリ内にある A5M2.exe を実行してください。
そうすると、このような画面が表示されます。よくわからない場合は、 レジストリ を選択してください。
設定ファイル を選択すると、 ポータブルモードではパスワードの指定が推奨されます と表示され、
A5:SQL Mk-2を起動するたびに入力するためのパスワード設定画面が出るので、入力してください。

65713c8e60281b012662dee6550e2d45.png

DB接続情報設定

OKを押します。
20f51d800c6aa1910376eeb34999bd47.png

追加をクリックします。
5d2bf82c14a7814337abb7b9a60d0101.png

環境に合ったものをクリックします。
今回は、Mysql且つ、SSHトンネルでDBに接続する方法を取ります。
その場合、 MySQL/MariaDB (直接接続) (M) をクリックしてください。
SSHトンネルの場合でも、直接接続で設定します。
16f65aa9a966a22f13a3b535b9d54f4a.png

DB接続情報の設定

基本タブで、DBの接続情報を設定してください。
fd71322db9e78bc24a45347fc30e1b7c.png

SSHトンネルの設定

SSH2トンネル タブを選択し、SSH2トンネル経由で接続する にチェックを入れ、SSH接続に必要な情報を入力してください。
a0dba403c917ff501de965ec74c67d9.png

設定が終わったら、 テスト接続 をクリックして、DBに接続できることを確認してください。
2f784160276ef744af12a463dbe5136e.png

DB定義書の作成

DB名の左の三角印をクリックして、ダイアログが出たら、 接続 をクリックしてください。
706d60ebf058a52c620b22e6bf76ecdd.png

DBに接続されたら、ツールバーの
[データベース(D)] → [テーブル定義書作成(S)]
をクリックしてください。

そうすると、下記が表示されるので、DBとテーブル、また出力方式を選んで、 テーブル定義書作成 をクリックしてください。
今回はExcelで出力します。
7871e5de64d960b6540d19c5722a51e6.png

出力

すると、この様なExcelが出力されます。
テーブルごとにシートが分かれています。
この状態ではまだ保存されていないので、[名前を付けて保存] をしてください。
6839399289910a62e357190eeb7fc805.png

以上でDB定義書の作成は終わりです。
HTML方式で出力すると、テーブルごとにHTMLファイルが生成されます。

非常に簡単で便利です。

参考

http://a5m2.mmatsubara.com/
https://liginc.co.jp/programmer/archives/2686

Esfahan
WEB系出身。現在はビッグデータの基盤構築、ETLなどがメイン。 / YouTubeで料理チャンネルやってます → https://www.youtube.com/channel/UCDnYBh2TtUAfQ0Z-tl0jTyw
https://www.youtube.com/channel/UCDnYBh2TtUAfQ0Z-tl0jTyw
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away