Posted at

PHPカンファレンス2018 「Webサービスを育てるための組織作りと文化作り」まとめ と 感想

最近PHPerになりましたので

PHPカンファレンス2018 に参加してきました。

PHPに関連する技術的なセッションも聞いたのですが

最後に聞いたセッションが

(PHPに関係はないが)印象に残ったのでまとめと感想を書こうかと思います。


内容まとめ

資料はこちら

https://speakerdeck.com/soudai/proper-problem

スピーカーは、株式会社オミカレのCTO曽根 壮大さん

株式会社オミカレは、全国で開催されている婚活パーティのマッチングサイトだそうです。

内容としては、

変化が激しいWEBサービスを育てるために

どのように組織と文化を作っていくかということを

マネージャ目線でどうしてきたかについてです。

(プレーヤ目線の話は、PHPカンファレンス仙台であるそうです。)


なぜ組織や文化が大切か

WEBサービスを作っているのは人だから。


「組織」「チーム」の定義

組織の定義=共通の目的(VISION)を持った集まり

チーム=目的を達成するための集まり(偶発的に発生する場合もある)

良い組織であれば、

良い文化が生まれる。

良い文化があれば

良いチームが生まれる。

良いチームがあれば

良いサービスを作れる。


どんな組織であるべきか?

WEBサービスは変化が激しいので

変化に強い組織であることが必要。

変化に強い組織となるためには、

問題を解決していく能力を育てることが必要。

では、問題を解決する能力を育てるためには?

適切なサイズの問題を設定することが必要


適切な問題が生まれれば

自然と解決する人が生まれる

元任天堂社長 岩田総さんのことば

https://www.1101.com/umeda_iwata/2008-11-13.html



適切なサイズの問題を設定する方法 とは?

・問題を適切なサイズに細分化する

・問題のサイズに適切な人にアサインする

・問題を解決できるように人を育てる

「問題のサイズに適切な人にアサインする。」

→その人の限界より少しだけ大きい問題

大きすぎれば潰れる。チャレンジできる文化を作る。

問題がチームや文化を作り、そして組織を変える。


感想


  • そもそも、組織に明確なVISIONがないと始まらない。

  • 「適切なサイズの問題を設定する」ことが大切。(だけど難しい。。。)


その他

質疑応答で

どのようなコミュニケーションをするべきか、という質問があり、

週に1回のミーティングより、

1日5分でもいいからなんでも話すコミュニケーションにより

解決できる問題は多いという話があったので

参考にしたいと思いました。