search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

BlenderのCurveがものすごく便利だった話

モデリングしてた時にふと気づいたことがあるんですよ
Curveって便利だなぁ
って

曲線を作ったり、物を曲げたりする時ぐらいした使ってなかったのですがいろんなところで使えたので紹介しようかなと

実行環境(どのversionでも動きます)

blender 3.0.0

目次

1.物を曲げる
2.円状(曲線上)に動かす
3.モデリングをする

1.物を曲げる

オブジェクトを円状に曲げたり、くねくねさせるときによく使われています。
例としてCubeをこんな感じに曲げてみます。
image.png
まずはCubeを用意してx方向に拡大します。
その後拡大した辺を10等分します。
image.png
Curveを用意します。
image.png
CubeのモデファイアーでCurveを選択します。
image.png
これで完成です。
image.png
Curve上にCubeが曲がってますね。

メディア1.gif
Cubeを動かすとCurveに沿って動きます。

2.円状(曲線上)に動かす

Curveを使えば曲線上を動くことが出来ます。
メディア2.gif
こんな感じでオブジェクトを動かせます。
オブジェクトのオブジェクトコンストレイントでClamp toを選択すると出来る様になります。
image.png

オブジェクトのほかにもカメラやメタボール、ボリュームもこの方法で動かすことが出来ます。

3.モデリングをする (本題)

Curveは線だけではありません!
実はCurveもCubeみたいに面を持つことが出来ます!
データプロパティのジオメトリのベベルから厚さを変えることが出来ます。
image.png
こんな感じになります。
image.png
ベベルの部分を変えるだけでいろんな形が出来ます。
image.png
更に編集モードでradiusやTiltなどの機能を使うと一部分を膨らませたり、ねじったりできます。
image.png
image.png
こんな感じで膨らませたりねじったりできます。

この機能を使えばMeshからでは面倒くさかったりすることが結構楽に出来たりします。
image.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1