Git
GitHub
gitkraken

GitkrakenとGitHubとの連携手順

More than 1 year has passed since last update.


GitkrakenとGitHubとの連携手順


はじめに


▼この記事で分かること

この記事ではGitのGUIクライアントツールであるGitkrakenと

お馴染みのGitHubとの連携を行う手順をまとめています(2017/01/19現在)。

※Gitkraken自体のインストールについては以下の記事に記載しています。

Gitkrakenのインストール手順


GitHubとの連携手順

Gitkrakenを起動しましょう!


▼Step1

右上の「ハンバーガー」ボタンをクリックし出てくるメニューから「Preference」を選択してください。

008.jpg

遷移先の画面で「Authentication」をクリックし、

そして「GitHub.com」のアイコンをクリックしてください。

すると以下の画像の画像のように表示されていると思います。

012.jpg


▼Step2

「Connect to GitHub」ボタンをクリックしてください。

GitHubのページが開かれるので、そこでGitkrakenのアプリケーション認証を行います。

「Authorize application」をクリックしましょう。

013.jpg

オクトキャットちゃんとくコ:彡がにっこりしてれば連携OKです。

014.jpg

Gitkraken上では下の画像のように表示されているはずです。

015.jpg


▼Step3

連携自体は以上ですが、ついでにクローンまでやってしまいましょう。

左上の「ファイル」マークをクリックしてください。

008.jpg

遷移先の画面で「Clone」をクリックし、「GitHub.com」のアイコンをクリックしてください。

上から「クローン先」、「リモート元」になっているのでよしなに入力してください。

その後、アクティブになった「Clone the repo!」をクリックすればクローンされます。

016.jpg

上部に「Successfully clone repo '****'」と出るので「OK」しちゃいましょう。

これでクローン完了ですくコ:彡

017.jpg