0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Ruby on Rails 事始め

本記事の対象者

これまでのRuby関連の知識として、下記のRuby製のOSSを触ったことがある。

  • RedmineをSynology-NASで立ち上げることができた → DSMのDockerを使用
  • GitlabをAWS-ECサーバーに立てることができた → UBUNTU上のDocker-Composeを使用

これからRubyを学ぶ上での、自分の目標設定

  • RubyでWEBページが、サクッと作れること
  • Redmineのプラグインが作れること
  • Reactのような、最新のマテリアルデザインを取り入れたい
  • React-Nativeで、スマホアプリも開発したい

反省点

  • RORを始めるにあたって、これまで書籍等を読んできたが、そのたびに撤退させられている。
  • GEMやBundleといった、Rubyの環境整備が複雑になる → 一旦、エラーが出始めると、まったく太刀打ちできなくなる。
  • RORを学ぼうとしても、命名に関する取り決めが先に来てしまう → 他のプログラム言語の知識が、逆に障害になってしまう。

取り組み方

  • 書籍丸ごとを理解するにあたり、チュートリアル含めて全体のボリューム感が多すぎる。
  • アプリ開発を先行し 開発環境の設定に関する知識は、後で戻りながら知識をつけた方が良い。

PC

  • RUBYを始めると、最初に躓く部分であるが、基本的にはWindowsには不向きである。
  • WINDOWS-PCを使っている前提で話をするが、真っ先にDockerを使うべきである。

STEP1

  • Docker Desktopを入れること → デスクトップPCのタスクバーで、クジラがちゃんと動いていることを確認する
  • 開発環境には、ソースコード側とコンソール側の使い分けが必要 → ソースコードはVSCODEにCOPILOTを入れて操作する。実行環境はDOCKER DESKTOPのコンソール(CLI)を使うこと

STEP2

  • Dockerを動かすために必要な四種の神器 → これでいい、逆にこれ以外は不要である。
shell.sh
Dockerfile
docker-compose.yml
Gemfile
Gemfile.lock
  • Dockerの操作
    以下は、windowsのコマンドラインからの操作
    まず、DOCKERのコンテナがどういう状態かを確認する
shell.sh
docker ps
docker inspect
  • コンテナの立ち上げ
shell.sh
docker-compose build
docker-compose up -d
  • ここまでできたら、今度はDocker desktopでコンテナの状態を確認する
     → コンテナ、イメージに関してはGUI上ですべて操作できる。
  • CLIボタンで、コンテナにログインする→ ここからが開発のスタートである
     → 基本的にdocker-compose内で、VOLUMEを共有すれば、VSCODEのソースと、コンテナ上のソースは、同一の物を触っていることになる。

STEP3

  • ここからの手順は、RAILSの一般的な流れである。
  • RAILSをニューして、データベースを作る。
rails new 名前
rails db:create
  • データベースを別のコンテナにしている場合は、docker-compose内で宣言すること
  • 既存のDBにつなぐ場合は、config/database.ymlを触ることになる

まとめ

 上記の部分が、なかなか書籍を見ていても、理解できない部分である。
 つまり、RORはDOCKERの知識とセットで学ぶべき言語なのである。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?